チーム動画紹介第19回「FC上大井」

2007年07月02日

kantoku_fckamioi

 今回お邪魔したのは神奈川県足柄上郡にあるFC上大井。コーチの香川さんにお話を伺いました。

指導者の方々

「FC上大井」ってどんなクラブ?

 FC上大井は、神奈川県足柄上郡大井町の上大井小学校と相和小学校で学ぶ、1年生~6年生が活動しているスポーツ少年団です。「サッカーは生涯スポーツ」の理念のもと、クラブ員および保護者の相互の親睦を図り、クラブ員の「体力向上と礼儀正しい心身の育成」を目的として、お父さんコーチとボランティアコーチを中心に活動しています。

最近の悩み
 指導者の数は全て18名。ただし、仕事の事情などで、全てが集まるとは限りません。ここ数年は1年生からの入団者が増えて喜ばしいことですが、お父さんコーチを中心に活動していますので、新1年生のコーチが決まるまで専任コーチで指導できないことが悩みです。

チーム作りで大切なこと
 試合に勝つ喜び、負けた悔しさを教えてあげることも大切です。子どもたちが中学生や高校生になっても、サッカーを好きで続けてくれるように、6年間で“思い出づくり”をしてあげることが必要です。サッカーは仲間といっしょにやるスポーツ。仲間を信頼すること、仲間と楽しむ、悲しむことを教え、子どもたちの今後の人生につなげていけるように、指導しています。

編集部コメント

 箱根連山が望む大井の町。空気が澄みきっていて、自然に恵まれた町でした。取材当日は炎天下のもと、午前中に行われ、子どもたちが、コマ目に水分を取るシーンが多く見られました。これからどんどん暑くなっていく季節で、水分摂取方法は慎重にならなければなりません。
 お父さんボランティアコーチで運営されているFC上大井は、そういう配慮がしっかりと行き届いているチームだと感じました。子どもたちのために何をすべきか、何を考えるべきか。指導に熱心になりながらも、箱根の山のように、子どもたちのことを広い視野で常に見守っているチーム、FC上大井さんでした。

(ジュニサカ編集部)

カテゴリ別新着記事

ga
FC66


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク