コラム

トーキック

2012年02月22日

足のつま先を使って蹴るのがトーキック。軸足の位置や角度、蹴り足のバックスイングはあまり重視しません。正確性にはやや欠けますが、とっさの状況で意外性のあるキックです。ボールを蹴る瞬間にしっかりと強くインパクトすることが大切です。蹴る位置を変えることで、カーブなどもかけれるように、いろいろな箇所を蹴ってみて、ボールがどう変化するのかを覚えましょう。

■トレーニング方法

ボールを見てキックモーションに 足のつま先で前へ押すように打つ 力まずに、自然に振りぬく

??
■今回のポイント

・つま先でミートの瞬間、強いインパクトのキックを心がけましょう
・ボールのいろんな箇所を蹴ることで軌道がどう変化をするのかを体感しましょう

 

 

プロフィール

屋良 充紀(やら みつとし)

現役時代はブラジル、エクアドル、コロンビアでプレー、横浜FC泉Jrユース監督やSFA(シリアサッカー協会)フットボールアカデミーヘッドコーチ。シリア代表コーチも歴任。シリア滞在時に作成したアラビア語でのサッカー指導指針はアラブ圏は、もちろんのこと海を越えてアフリカ・スーダンでも高い評価を得ている。また、横浜市でブラジルのストリートサッカーをヒントに遊び心をくすぐるサッカースクール、『エスコリーニャFC』の代表でもある。ケータイサイト、「教えて!? ジュニサカの疑問」でもアドバイザーを務める。

カテゴリ別新着記事

GA-300×80


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク