コラム

お弁当づくりのポイント

2012年05月25日

柑橘系の果物、生で食べられるトマトやパプリカなど、デザートやおにぎりの具、おかずなどでビタミンCをとることがポイントです。

【チェック1】そのまま切って入れるだけでビタミンCがとれる食材
お弁当に使いやすい食材は、柑橘系の果物です。いつものお弁当箱とは別の入れものにオレンジやキウイフルーツを入れて持たせるだけで、簡単にビタミンCの補給になります。また柑橘系の果物の香りにはリラックス効果もあると言われています。暑い日は保冷剤を添えれば安心。その他にトマトやパプリカは使いやすい食材です。

【チェック2】火を通してもビタミンCがとれる食材
火を通すと失われやすい栄養素ですが、じゃがいもは加熱してもビタミンCが残ります。粉ふきいも、じゃがいもの煮物はおすすめです。

【チェック3】おにぎりにもビタミンCの食材を
試合日のお弁当はおにぎりが中心になると思いますが、おにぎりにビタミンCの食材をプラスすることもできます。パプリカは彩りが綺麗になりますし、ほうれん草や小松菜などを茹でて細かく切って混ぜても良いでしょう。味付きおにぎりは食欲が無い時にお勧め。お肉を油なしで炒めるなど手作りなら余分な油もカットできますよ。

プロフィール

間宮 裕子(まみや・ゆうこ)

岐阜県多治見市出身、在住。本名、森裕子。 名古屋女子大学家政学部管理栄養士専攻卒。97年から02年まで名古屋グランパスに在籍。専門学校トライデントにて講師としても活躍。07年1月より再び名古屋グランパスで栄養アドバイザーとして所属している。 現在は自宅でスポーツ栄養勉強会や料理教室を開催する他、食育講演などの地域貢献活動にも積極的に取り組んでいる。著書に『小学生・中学生のためのジュニアサッカー食事バイブル』『小・中学生のためのジュニアサッカー お弁当バイブル』(ともにカンゼン刊)がある。公式ホームページはこちらhttp://syoku-de-smile.com/

近刊情報

『プロクラブを支える“食”ストーリー 名古屋グランパス 勝利の食堂』

Jリーグに栄養士がいなかった時代から、初の専属栄養士として名古屋グランパスを「食」で支えてきた間宮裕子氏が、サッカーファンや、食事にこだわる人たちの声に応える。ダイエット、貧血対策、ケガ予防、強い体づくりの秘訣が満載。スポーツを楽しんでいる人々、子を持つ親、スポーツ指導者、栄養士を目指している人に贈るグランパス流「勝ち食」ストーリー。

カテゴリ別新着記事

ss



school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

人気記事ランキング

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク