コラム

食欲低下がもたらす「負」のサイクル

2012年09月28日

疲労することによる身体への影響に、食欲低下があります。これは【身体が疲れている=内臓の働きも低下している】ということから起こります。加えて、食べること、食べたものを消化・吸収することにもかなりのエネルギーを消耗します。疲れたときは「食べる元気もない」となるのはそのためです。プロサッカー選手の中にも疲れてくると「何も食べたくない」「食べてもすぐお腹いっぱいになる」と訴えてくる選手がいます。また、口当たりの良い水分をたくさん摂取してしまって、余計に食欲が低下してしまうケースもあります。
しかし、疲労によって失われた栄養素が食事から補給できないと、身体は次のような状態になってしまいます。

エネルギー補給ができない→だるい、力が出ない、やる気が起きない。
タンパク質の補給ができない→筋肉の修復が行われない。
ビタミン・ミネラルの補給ができない→疲労がとれない、足がつる、口内炎ができる。

これまでにも多くのサッカーキッズを見てきましたが、子どもたちは2つのパターンに分かれます。<疲れていてもがんばってご飯を食べる子>と<ご飯を食べなくなる子>です。講演などで、疲れていても食事が大切だという話をすると今まで食べなかった子どもが食べるようになることがあります。つまり、気の持ちようで食欲はコントロールできるということです。成長期でスポーツをしている子どもが疲れるたびに食事がとれないとなると、怪我しやすい、貧血になる、骨折しやすい、などにつながることもありますし、健やかな成長にまで影響が出てしまいます。

プロフィール

間宮 裕子(まみや・ゆうこ)

岐阜県多治見市出身、在住。本名、森裕子。 名古屋女子大学家政学部管理栄養士専攻卒。97年から02年まで名古屋グランパスに在籍。専門学校トライデントにて講師としても活躍。07年1月より再び名古屋グランパスで栄養アドバイザーとして所属している。 現在は自宅でスポーツ栄養勉強会や料理教室を開催する他、食育講演などの地域貢献活動にも積極的に取り組んでいる。著書に『小学生・中学生のためのジュニアサッカー食事バイブル』『小・中学生のためのジュニアサッカー お弁当バイブル』(ともにカンゼン刊)がある。公式ホームページはこちらhttp://syoku-de-smile.com/

近刊情報

『プロクラブを支える“食”ストーリー 名古屋グランパス 勝利の食堂』

Jリーグに栄養士がいなかった時代から、初の専属栄養士として名古屋グランパスを「食」で支えてきた間宮裕子氏が、サッカーファンや、食事にこだわる人たちの声に応える。ダイエット、貧血対策、ケガ予防、強い体づくりの秘訣が満載。スポーツを楽しんでいる人々、子を持つ親、スポーツ指導者、栄養士を目指している人に贈るグランパス流「勝ち食」ストーリー。

カテゴリ別新着記事

ss



school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

人気記事ランキング

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク