コラム

親が未経験者なので教えられない

2012年11月13日

池上正さんが子どもに対する悩みや、保護者・コーチの子どもを取り巻く大人に関する疑問や悩みに答えるこのコーナー。今回のお悩みはサッカー未経験者の保護者のコーチングについてです。

◎自宅(ピッチ外での子育ての悩み)

qicon
(質問者:小学4年生の保護者)

 息子は今クロスをあげられるようになりたいようで、何度も練習するのですが、うまくボールをあげることができず、よく悔しがっています。私はサッカー未経験者なので教えることはできませんし、子どもが自分で考えて行動するのが一番だと思っています。
「できるようになりたいよね。できるようになりたいと思う気持ちは素敵なことだし、焦らなくて大丈夫だよ。少しずつうまくなっていると思う! ボールにたくさん触って練習してるうちに、できるようになると思うよ。」
と言ってはみたのですが、公園の帰り道はずっとご機嫌ななめでした。
そのままそっとしておいているのですが。
言葉を選んで話すようにしているのですが、私の声掛けがまずいのでしょうか?
それともこのまま見守っていれば大丈夫でしょうか?

qicon
「コーチに聞いてみたら」と促して。
遠くに蹴るより、正確に蹴ることが先決

 ご相談の方はとても真面目で、何とか子どもの役に立ちたいと願っているようです。お気持ちはよく理解できますが、そんなに落ち込まなくても大丈夫。黙って練習に付き合って球拾いなどをしてあげるだけでよいのです。

 息子さんのように、技術的なことで悩んだり「こうなりたい」という目標があるのなら、子どもがコーチに自分で聞きに行くのが基本だと思います。ぜひ正直に「お父さんはサッカーをやったことがないから、わからないな。コーチに聞いてごらん」と話してみましょう。「自分が教えなくては!」とそんなに躍起にならなくても良いのです。子どもに寄り添う親には、親なりの役目が別にあると思います。
 ただし、クロスボールについてひとつお話ししておくと、私は4年生で浮き球のクロスをあげる必要はないと考えています。9歳や10歳のカテゴリーでは、ゴール前に高々と上がったクロスボールを上手に処理できる子は非常に稀です。

 時折、キック力のある子がドカンと蹴って、ゴールの前をボールが逆のサイドラインを超えていく光景が見られます。コーチは「ナイスボール!」と声をかけている場合が多いのですが、そのクロスからゴールが生まれるとは思えません。無意味とまでは言いませんが、私がコーチなら「遠くに飛ばすよりも、正確に味方にパスをしたほうがいいんじゃない?」と子どもに尋ねます。

 まずは、グラウンダ―で正確に味方にパスできるようになることが先決です。ボールにカーブをかけたり、遠くに飛ばすことは、その後でよいと思います。

プロフィール

池上 正(いけがみ・ただし)

1956年大阪生まれ。大阪体育大学卒業後、大阪YMCAでサッカーを中心に幼年代や小学生を指導。02年、ジェフユナイテッド市原・千葉に育成普及部コーチとして加入。同クラブ下部組織の育成コーチを務める。03年より小学校などを巡回指導する『サッカーおとどけ隊』を開始、千葉市・市原市を中心に190カ所におよぶ保育所、幼稚園、小学校、地域クラブなどで延べ40万人の子どもたちを指導した。2010年1月にジェフを退団。同年春より「NPO法人I.K.O市原アカデミー」を設立。理事長としてスクールの運営や指導、講習会、講演をこなすかたわら、大学や専門学校等で講師を務めている。2011年より京都サンガF.C.アドバイザー、12年2月より京都サンガF.C.ホームタウンアカデミーダイレクターに就任。08年1月に上梓した初めての著書『サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法』(08年・小学館)は、11年12月現在で7万部に迫るベストセラー。11年9月には指導現場で、その実践例を大公開した『サッカーで子どもの力をひきだす オトナのおきて10【DVD付き】』が発売。U-12の育成に携わる指導者や保護者には必見のDVD付き書籍となっている。

近刊情報

『サッカーで子どもの力をひきだす オトナのおきて10【DVD付き】』

指導者や保護者から多くの支持を得ている『サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法』の著者・池上正氏が普段からよく使う象徴的な言葉(フレーズ)を取りあげながら、どのように子どもと接すればいいのか、言葉をかければいいのか、子どもとの距離のとり方……子育てやサッカー指導に悩む方々の具体的な解決策として、 “オトナが守るべき10のおきて”を伝授します。

カテゴリ別新着記事

GA-300×80



school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

人気記事ランキング

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク