【バーモントカップ第22回全日本少年フットサル大会】群馬県大会レポート&結果

2012年11月19日

王者の貫録を見せつけ
ファナティコスが連覇!!


11月17日(土)、渋川市総合公園体育館にて「バーモントカップ第22回全日本少年フットサル大会」の群馬県予選が行われ、昨年のバーモントカップ全国大会で3位に輝いたファナティコスが赤堀SC Jr(以下、赤堀SC)を下し、4年連続で全国大会への出場権を手にした。

昨年と同カードとなった決勝戦だったが、序盤からファナティコス7番・原尊くんと11番・佐藤陸人くんが赤堀SCゴール陣内へ果敢に攻め入る。
「相手にシュートを打たせる暇もなく、こっちがどんどんシュートにつなげていく」(原くん)というように、緩急あるスピードとワンツーのコンビネーションで赤堀SC守備陣を揺さぶった。開始から5分間で佐藤くんが立て続けに得点をあげ、ハットトリックを達成。その後、得点は入らないものの、ファナティコスが試合を3-0と優位に進めて前半を折り返した。

後半の立ち上がりは、ファナティコスに気の緩みも見られ、赤堀SCが3番・松井瀬夏くんの豪快なゴールで2点差に迫る。しかし、その得点で目を覚ましたのか、再びファナティコスの原くん、佐藤くんが立て続けにゴール。
この日4得点の活躍をした佐藤くんは、朝から全国大会で活躍した先輩たちの昔の映像を見て、自らゴールイメージを描いていたという。そうした努力が試合にも結びついた。

そして試合終了2分前にもファナティコスが追加点をあげ、結局6-1のスコアで全国大会への出場権を手にした。後半の立ち上がりに少し気の緩みもあったが、終始ファナティコスのペースで進み、圧勝した。赤堀SCスタッフも「やはり王者として相手との差がありました」と、優勝チームを称えた。チームを支えるキャプテン・入野聖樹くんは「昨年の成績を超えるよう、全国優勝を目指します」と力強く宣言。

昨年の全国大会3位を上回ることは決して簡単なことではないが、群馬県王者が全国大会で果たしてどのような戦いを繰り広げてくれるのだろうか、非常に楽しみである。

■ファナティコス 若林秀行監督のコメント

今大会を通じ、試合を重ねるごとにうまくなっていく子どもたちの姿がありました。夏・冬と連続で全国大会に出場できて嬉しく思います。去年が全国3位でハードルがあがってしまいましたが、全国に出場することで他地域の子たちと仲間を増やせるし、他の選手のプレーを見れます。子どもたちには、自分たちのチームカラーを出しつつ、特にそういった他の選手のプレーを見ることを大切に全国でがんばってもらいたいですね。

(文・写真●ジュニサカ編集部・吉村)

カテゴリ別新着記事

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!
ga

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク