コラム

両足でバックステップドリブル

2012年11月21日

今回は両足でバックステップドリブルを紹介します。この練習をして、足裏で自由にボールを扱うことができれば、プレーの幅は、大きく広がります。
前回の「片足でのバックステップドリブル」と同じように、タイミングよく両足の足裏を使ってボールを後ろに引きましょう。タッタッタッタとリズム良く左右交互にボールをタッチして後ろへ下がります。このときに大切なのは、体のバランスを保つこと。後ろに重心が行きやすいので、体をまっすぐ伸ばした状態を心がけましょう。慣れてきたら顔を上げて周りも見れるようにしましょう。

■トレーニング方法

・まずは、ゆっくりやって練習を覚えましょう。覚えてきたらスムーズにできるようにし、次にスピードに乗せて、と段階を追って徐々に難易度を追及していきます。
・ボールをたくさん足の裏で触るように声かけをしましょう。
・練習をしている最中に後ろに重心が行きやすいので、体が後ろにそれていないかどうか気をつけてみましょう。

足の裏をボールにタッチ 片方の足でボールを引きすかさずもう片方の足で リズム良く後ろに下がる

?
■今回のポイント

・リズム良く後ろへ下がりましょう
・体のバランスを保ちましょう

 

 

プロフィール

屋良 充紀(やら みつとし)

現役時代はブラジル、エクアドル、コロンビアでプレー、横浜FC泉Jrユース監督やSFA(シリアサッカー協会)フットボールアカデミーヘッドコーチ。シリア代表コーチも歴任。シリア滞在時に作成したアラビア語でのサッカー指導指針はアラブ圏は、もちろんのこと海を越えてアフリカ・スーダンでも高い評価を得ている。また、横浜市でブラジルのストリートサッカーをヒントに遊び心をくすぐるサッカースクール、『エスコリーニャFC』の代表でもある。ケータイサイト、「教えて!? ジュニサカの疑問」でもアドバイザーを務める。

カテゴリ別新着記事

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク