コラム

LESSON2 ハーモニー体操<基本編> 動きの起点となる足裏の感覚

2013年01月17日

今回からハーモニー体操の基本となる動きを紹介していきます。はじめは動きの起点となる足裏の感覚を自分で見つけていく動きになります。

◆目的
体を緊張させずに足裏でバランスをとる感覚を育てます。足裏を柔らかく保つことは、足首や膝、股関節のケガの可能性を軽減します。そして足裏は、動きの起点です。感覚を鋭敏にして左右前後どちらでも楽に動ける自分のニュートラルのポジションを探ってみましょう。

◆行い方
①ゆっくり両足を少し広げて開きます。目を閉じれそうでしたら軽く閉じてどちらの足に重さが乗っているのか、どこが強く床を押しているのかに意識を向けてください。

②ゆっくり右側と左側に重さを移動させます。足裏に少し意識を向けて重さが乗ったときに少しお尻が横に出るように左右3回づつ行います。

③終わったらゆっくりと中央にもどり一息つきます。

④今度は、前後に体を動かします。膝を固めないで柔らかく3回ぐらい行います。

⑤終わったら元の中央位置に立ち、一息つきます。

⑥次は頭のてっぺんで天井に向かって円を描きます。ゆっくり楽な動きをして、3回ぐらいまわしたら逆にまわします。

⑦円を描くのが終わったらゆっくり中央にもどり、一息ついてください。軽く目を閉じて膝をラクにして足裏に意識を向けてください。なんとなく足裏が床に近づいた感じがしたり体のバランスが変化しているかもしれません。

◆ワンポイントアドバイス
スパイクをはく前の時間や練習後にスパイクを脱いでから行うといろいろな違いが分かるかもしれません。足裏のどこが床を押しているのか意識を向けます。膝を固めず、柔らかく、楽に動かして下さい。最初は、足裏に意識をむけて慣れてきたら体の全身に向けてみましょう。この体操の後に「変わらない」「分からない」というのは、大切な自分の感覚です。変化がなくても気にせず続けてみてくださいね。

カテゴリ別新着記事

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

人気記事ランキング

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク