コラム

進路妨害

2013年02月06日

?今回はこれまで行った「シャトルラン」や「半回転ジャンプ」のアップに「進路妨害」の要素を入れて行います。
練習方法は「シャトルラン」と同じく5m間隔で置いたマーカーの中央まで往復ダッシュを行い、相手の進路方向をダッシュで妨害します。妨害をする際に相手を見て、自分の体を相手の進路方向へ入れるのが大切です。これは試合でボールを競り合うときに、先の体を入れる意識に活きてきます。往復ダッシュのほかに「半回転ジャンプ」をした後で進路妨害をするなどルールを変えていきます。

■コーチングアドバイス

・進路妨害をする際に体を入れるようアドバイスを与えます。
・マーカーまで往復ダッシュほか半回転ジャンプなど条件を変えていきます。

159
160
161
中央のマーカーまで往復でダッシュ 相手の進路方向へ体ごと入り 最後のマーカーまでダッシュ

 

■今回のポイント

・相手の進路方向に自分の体を入れましょう
・実践でも使えるように練習をしっかりと行いましょう

 

プロフィール

屋良 充紀(やら みつとし)

現役時代はブラジル、エクアドル、コロンビアでプレー、横浜FC泉Jrユース監督やSFA(シリアサッカー協会)フットボールアカデミーヘッドコーチ。シリア代表コーチも歴任。シリア滞在時に作成したアラビア語でのサッカー指導指針はアラブ圏は、もちろんのこと海を越えてアフリカ・スーダンでも高い評価を得ている。また、横浜市でブラジルのストリートサッカーをヒントに遊び心をくすぐるサッカースクール、『エスコリーニャFC』の代表でもある。ケータイサイト、「教えて!? ジュニサカの疑問」でもアドバイザーを務める。

VOL44

カテゴリ別新着記事

GA-300×80
arsenalsoccerschool


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

人気記事ランキング

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク