コラム

食材別、タンパク質の上手なとり方

2013年02月08日

タンパク質は肉、魚、卵、大豆製品(豆腐、納豆など)に多く含まれています。では、順番にポイントや方法を見ていきましょう。

【肉選びのポイント】
牛肉、鶏肉、豚肉など、肉の種類によって、タンパク質のほかに含まれる栄養素は異なります。バランスよく栄養素をとるためにも、同じ肉ばかりに偏らないようにしましょう。また、バラ肉など脂質が多い部位を避けることで、余分な脂質をカットすることができます。ヒレ肉、モモ肉、鶏胸肉、鶏ささ身などがおすすめで、鶏肉は皮を除いて調理するといいですよ。

【魚選びのポイント】
魚にはタンパク質のほかにDHAという栄養素が含まれています。DHAは脳の情報伝達を良くすると言われている栄養素で、頭で考えてプレーするサッカー選手にはぜひとってもらいたい食材です。DHAはサバ、いわし、さんま、ぶりなどの青魚に多く含まれていますが、青魚が苦手なお子さんには鰆や鮭、うなぎが食べやすいでしょう。

【豆類でタンパク質はどうやってとる?】
肉ばかりに偏らず、大豆や大豆製品も食べましょう。なぜなら、大豆や大豆製品にはタンパク質のほかにビタミンや鉄分、カルシウムが豊富だからです。どうしても肉が好き! というお子さんにはハンバーグに豆腐を混ぜたり、ビーフカレーの中に大豆を入れたり、牛乳の代わりに豆乳を使って調理するなど、アレンジをして、お子さんに食べさせてくださいね。

プロフィール

森 裕子(もり・ゆうこ)

岐阜県多治見市出身、在住。名古屋女子大学家政学部管理栄養士専攻卒。97年から02年まで名古屋グランパスに在籍。専門学校トライデントにて講師としても活躍。07年1月より再び名古屋グランパスで栄養アドバイザーとして所属している。 現在は自宅でスポーツ栄養勉強会や料理教室を開催する他、食育講演などの地域貢献活動にも積極的に取り組んでいる。著書に『小学生・中学生のためのジュニアサッカー食事バイブル 新装版』『小・中学生のためのジュニアサッカー お弁当バイブル』(ともにカンゼン刊)がある。公式ホームページはこちらhttp://syoku-de-smile.com/

近刊情報

『小学生・中学生のためのジュニアサッカー食事バイブル 新装版』

ジュニアサッカーの選手たちにとって重要な「食育」の考え方とレシピを紹介。がんばる子どもの成長を『食』でサポート! 身体づくりはもちろんのこと、子どもの体質改善やココロを育むための食事レシピが満載! またFW・MF・DF・GKのポジション別レシピも掲載。

カテゴリ別新着記事

ga
FC66


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク