コラム

親の意見を素直に聞かない

2013年02月12日

池上正さんが子どもに対する悩みや、保護者・コーチの子どもを取り巻く大人に関する疑問や悩みに答えるこのコーナー。今回はサッカーではなく野球少年のお悩みについて投稿がありましたので、紹介いたします。

◎練習(トレーニング場面での悩みやギモン)

qicon
(質問者:小学4年生の保護者)

「逃避脳」になってしまった、もしくはその疑いがある場合の対処法についてご指導いただけませんでしょうか。
小学4年の長男は野球をしており、ずっとレギュラーで頑張ってきましたが、外されてしまいました。レギュラーかどうかは本人の問題なので、本人が悔しければこれを機に頑張って取り返せばいいと思うのですが、コーチの指導や親の話に対しても上の空で改善するようには思えません。野球に興味がなくなったのかとも思いましたが、そうではないようです。親としては、もう一度レギュラーを勝ち取り、自信を取り戻してほしいと思いますし、そのためのアドバイスをしてあげたいのですが、人に教えられると自分のやっていることが否定されていると感じるのでしょうか、とたんに気分を害し集中して話を聞かなくなります。勉強などに対しても同様に、教えてあげようとすると気分を害して、その後は素直に取り組めません。
そう感じるようになって以来、日常の生活においても叱らないように接しようとしていますが、何を話しても(特に自分の都合の悪い話については)素直に聞こうともしないため、意見を伝えることや指導ができずにいます。この状態が続くと間違っていることは改善されず、ますます状態が悪くなってしまいます。野球選手として上達してほしいとも思いますが、目先の上達ではなく長い目で大きく上達するためには(さらに、人としての成長するためには)、「逃避脳」からの脱却は避けては通れない問題だと感じています。
親としての堪え性が足りないだけなのかも知れませんが、素直に話が聞けるような(話のキャッチボールができるような)関係にするための取り組み方などございましたら、御指南願います。

qicon
まずは子どもの気持ちを聞くこと。
一方通行でなく、双方向の会話を心がけて

 逃避脳になったかどうかはともかくとして、ご相談の文章の印象では、どうも会話が一方通行のようですね。そもそもどんな関係であっても、会話やコミュニケーションは双方向であるべきです。

 レギュラーを外されたあと、お子さんの気持ちを尋ねましたか?「コーチの指導や親の話に対しても上の空で改善するようには思えません」とありますが、それはあくまで親御さんの印象です。レギュラーを外された本人が、そのことをどうとらえて、どう、向き合おうとしているのか、もしくはまだ向き合うことができずにいるのか。その部分をきちんと聞いてあげることが肝心です。そこで初めて会話のキャッチボールが始まるのだと思います。

 子どもは学年が上がっていくにつれて、「もう、いいよ!」と親との話し合いから逃げてしまうことが少なくありません。「真剣に話し合いたいから、気持ちを聞かせてくれる?」と大人から歩み寄ってあげてください。「監督に我慢できない」とか「野球は好きだからこれからも続けたい」などといった本音が出てくるはず。なかなか口を開かなければ、話し出すのを静かに待つことです。

 加えて、話をするときは、「これから頑張るんだよね?」などといった答えありきの問いかけではなく、子どもの本当の気持ち、答えを引き出すような問いかけをしてあげてください。

プロフィール

池上 正(いけがみ・ただし)

1956年大阪生まれ。大阪体育大学卒業後、大阪YMCAでサッカーを中心に幼年代や小学生を指導。02年、ジェフユナイテッド市原・千葉に育成普及部コーチとして加入。同クラブ下部組織の育成コーチを務める。03年より小学校などを巡回指導する『サッカーおとどけ隊』を開始、千葉市・市原市を中心に190カ所におよぶ保育所、幼稚園、小学校、地域クラブなどで延べ40万人の子どもたちを指導した。2010年1月にジェフを退団。同年春より「NPO法人I.K.O市原アカデミー」を設立。理事長としてスクールの運営や指導、講習会、講演をこなすかたわら、大学や専門学校等で講師を務めている。2011年より京都サンガF.C.アドバイザー、12年2月より京都サンガF.C.ホームタウンアカデミーダイレクターに就任。08年1月に上梓した初めての著書『サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法』(08年・小学館)は、11年12月現在で7万部に迫るベストセラー。11年9月には指導現場で、その実践例を大公開した『サッカーで子どもの力をひきだす オトナのおきて10【DVD付き】』が発売。U-12の育成に携わる指導者や保護者には必見のDVD付き書籍となっている。

近刊情報

『サッカーで子どもの力をひきだす オトナのおきて10【DVD付き】』

指導者や保護者から多くの支持を得ている『サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法』の著者・池上正氏が普段からよく使う象徴的な言葉(フレーズ)を取りあげながら、どのように子どもと接すればいいのか、言葉をかければいいのか、子どもとの距離のとり方……子育てやサッカー指導に悩む方々の具体的な解決策として、 “オトナが守るべき10のおきて”を伝授します。

VOL44

カテゴリ別新着記事

GA-300×80
arsenalsoccerschool


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

人気記事ランキング

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク