コラム

腰椎分離症再発の不安を抱えています

2013年03月05日

池上正さんが子どもに対する悩みや、保護者・コーチの子どもを取り巻く大人に関する疑問や悩みに答えるこのコーナー。今回はお子さんのケガについてのお悩みです。

◎自宅(ピッチ外での子育ての悩み)

qicon
(質問者:小学4年生の保護者)

4月から小学4年生になる息子の保護者です。3年生のとき、練習のしすぎで腰椎分離症になり、7ヵ月運動禁止となりました。今は復帰したのですが、親子ともどもまた分離症にならないかと不安を抱えてます。今後またくり返さないために、どのようなことに気をつけたらよいでしょうか。ストレッチなどは効き目がありますか? あるなら、どのようなストレッチが効果的なのか教えていただけると助かります。

qicon
オーバーワークに注意
専門の医療機関を訪ねましょう

 腰椎分離症は、スポーツ少年が発症する頻度が最も高いスポーツ障害です。しかも、発症する競技のなかのナンバーワンがサッカーだと言われています。

 20年ほど前は、ジュニアに一番多い障害は水泳だったと記憶しています。水泳をしていた小学生が整形外科を何件もまわっていたのを記憶しています。子どもは痛くなったり、痛みが消えたりを繰り返すうえ、ハッキリした予兆はないそうです。レントゲンを撮るしか発症は確認できないと医療関係者に聞かされました。

 すでに完治したようですが、オーバートレーニングにはくれぐれも気をつけてほしいと思います。私は小学生がサッカーをするのは、1週間のうち練習を2日、試合を1日の計3日で十分だと思っています。やりすぎてしまうと、いいことは何もありません。

 加えて、小学4年生で大人が使う5号球を蹴っている子がいます。5号球は、小学生が使う4号に比べると格段に重くなります。見た目はわずかな差のようですが、子どもの体には負担は大きいです。もし、たまにでも5号球を蹴ることがあるなら、すぐにやめましょう。

 相談者の方は、ストレッチの効果を尋ねられていますが、私は専門家ではないので詳しいことはわかりません。ヘルニア系にストレッチは効果があるかもしれませんが、分離症に関しては何とも言えません。スポーツに詳しい整骨院やトレーナーがいる専門の医療機関などをぜひ訪ねてみてください。

プロフィール

池上 正(いけがみ・ただし)

1956年大阪生まれ。大阪体育大学卒業後、大阪YMCAでサッカーを中心に幼年代や小学生を指導。02年、ジェフユナイテッド市原・千葉に育成普及部コーチとして加入。同クラブ下部組織の育成コーチを務める。03年より小学校などを巡回指導する『サッカーおとどけ隊』を開始、千葉市・市原市を中心に190カ所におよぶ保育所、幼稚園、小学校、地域クラブなどで延べ40万人の子どもたちを指導した。2010年1月にジェフを退団。同年春より「NPO法人I.K.O市原アカデミー」を設立。理事長としてスクールの運営や指導、講習会、講演をこなすかたわら、大学や専門学校等で講師を務めている。2011年より京都サンガF.C.アドバイザー、12年2月より京都サンガF.C.ホームタウンアカデミーダイレクターに就任。08年1月に上梓した初めての著書『サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法』(08年・小学館)は、11年12月現在で7万部に迫るベストセラー。11年9月には指導現場で、その実践例を大公開した『サッカーで子どもの力をひきだす オトナのおきて10【DVD付き】』が発売。U-12の育成に携わる指導者や保護者には必見のDVD付き書籍となっている。

近刊情報

『サッカーで子どもの力をひきだす オトナのおきて10【DVD付き】』

指導者や保護者から多くの支持を得ている『サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法』の著者・池上正氏が普段からよく使う象徴的な言葉(フレーズ)を取りあげながら、どのように子どもと接すればいいのか、言葉をかければいいのか、子どもとの距離のとり方……子育てやサッカー指導に悩む方々の具体的な解決策として、 “オトナが守るべき10のおきて”を伝授します。

VOL44

カテゴリ別新着記事

GA-300×80
arsenalsoccerschool


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

人気記事ランキング

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク