【JA全農杯チビリンピック2013】全国決勝大会 決勝レポート

2013年05月07日

ベガルタ仙台Jrが大会初出場にして初優勝

5月5日(日)、JA全農杯チビリンピック小学生8人制サッカー 全国決勝大会の決勝戦が、日産スタジアム(神奈川県横浜市)で行われ、ベガルタ仙台Jrが大会初出場にして初優勝を成し遂げた。

会場を日産フィールド小机から日産スタジアムに移して行われた決勝戦。2007年から過去6大会連続で関東勢が優勝を飾っていたが、今年は東北と九州で優勝が競い合われることとなった。

東北代表のベガルタ仙台Jrと、九州代表のソレッソ熊本U-12が、頂点を目指して熱戦を繰り広げた。

第1ピリオドは、少し緊張した表情で試合に臨んだ両者だったが、次第にエンジンがかかり始めると、お互いにダイナミックな動きを見せてくれた。

一発勝負の決勝戦ではあるが、お互いに相手の出方をうかがうことなく、積極的に前へ出るオープンな試合展開となった。

前線からのプレスでボール奪取を狙うソレッソ。数人の連携でサイドライン際に相手を追い込み、一気にボールを奪い取るプレーが光っていた。ボールを奪ったら素早くゴール前まで詰め寄り、シュートまでつなげて得点チャンスを作り出していた。

この攻守の切り替えの速さに後手になりつつあったベガルタ。しかし、こちらも運動量では負けていない。所狭しとピッチを駆け回り、相手のボールの出所とスペースを埋めていき、ジリジリと主導権を自分たちへと手繰り寄せ始めた。

何とかして先制点がほしい両チームだったが、決定機を活かせないまま試合は第3ピリオドに突入。会場は手に汗握る緊迫した雰囲気となった。

そんな雰囲気の中、ベガルタの7番 佐藤唯斗くんの一瞬の閃きが勝敗をわけた。ソレッソの意表をついてGKの頭を超えるシュートを放った佐藤くん。ボールはゆるやかにゴールネットに吸い込まれ、ベガルタが鮮やかなゴールで先制点を決めてみせた。

残り時間はあとわずか。必死に同点に追いつこうとするソレッソは、GKも攻撃に加わって全員攻撃を試みるが、ここで試合終了のホイッスル。ベガルタが1-0でソレッソに勝利し、大会初出場にして初優勝を成し遂げた。そして、貴重な決勝点を決めたベガルタの佐藤唯斗くんは、6ゴールを挙げて見事に大会得点王に輝いた。

ガッツポーズで優勝の喜びをあらわにしたベガルタの選手たちだったが、すぐにピッチで泣き崩れるソレッソの選手たちに駆け寄ってお互いの健闘を称えあった。

会場からは、好試合を見せてくれた両チームに惜しみない拍手が鳴り響いていた。

カテゴリ別新着記事

GA-300×80


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク