【第37回全日本少年サッカー大会】愛媛県大会 決勝レポート「待望の全国大会への切符を手にした帝人サッカースクール」

2013年06月10日

待望の全国大会への切符を手にした帝人サッカースクール


 6月9日(日)、「第37回全日本少年サッカー大会 愛媛県大会」最終日が、県総合運動公園球技場で行われた。当日は朝から小雨が降りしきるなかの戦いとなった。決勝に勝ち上がったのは準決勝で、宮前サッカークラブを5-0で破った帝人サッカースクール(以下、帝人)と神拝フットボールクラブを1-0で破った清水FC(以下、清水)となった。

 朝からの雨の影響で、スリッピーなピッチコンディションという厳しい状況で決勝戦が行われた。開始直後から両チームとも積極的に相手ゴールへ向かう、白熱した展開となった。1分、7番・三原くんが、中央からのシュートが惜しくもクロスバーの上、3分には最初のコーナーキックを獲得した帝人がやや優位に試合を運んだ。一方、清水も7分、9番・大谷くんが中央からのロングシュート、直後の8分に10番・尾上くんがミドルシュートと、立て続けにシュートを狙うが枠をとらえられなかった。両チームとも中盤でボールを奪い合う一進一退の攻防で前半を終了した。

 後半は、体を張ったボールの奪い合いが続いた。6分、ゴール前の混戦から、6番の仁木くんが力強く中央からミドルシュートを放ったボールが、見事ゴールの右上に突き刺ささり、帝人に待望の先取点がはいった。続く8分にコーナーキックのチャンスで、3番の吉田くんがうまく合わせてゴールを決め、帝人に追加点が入り2点目となる。2点をリードされた清水は、メンバーチェンジを行い、ディフェンスの大谷くんをトップにあげ、高瀬くんとのコンビプレーで得点を狙うも、帝人GKを中心とした堅い守りに阻まれた。19分には清水が得点を狙うために前がかりになったところを、カウンターで13番・坂本くんがゴールを決めて勝負が決まり、帝人が3-0のスコアで優勝した。

■帝人サッカースクール・高橋監督のコメント
今年のチームは県新人戦、四国チャンピオンと結果を残しています。8人制での今大会は初の決勝進出で、プレッシャーのかかるなかでの勝利に嬉しさと同時にほっとしています。現在の選手を2年生から指導してきて、今年は集大成の年。課題は、前半に点がとれないと慌てるときがあります。基本を中心に慌てず大事に展開して、前半に点を取り、自分たちのペースで試合をできるようにしたいです。県・四国チャンピオンとして、全国大会でも帝人サッカーを発揮して、上位進出を目指したいです。

(文●大西浩二 写真●秦昌文)

■大会フォトギャラリー
(写真●秦昌文)

カテゴリ別新着記事

ss



school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

人気記事ランキング

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク