ニュース

ヴィエリ氏が2得点、日伊OB戦はドローで終了

2013年06月11日


 Jリーグ選手OB会は9日、日本サッカー協会とJリーグとの共催により「サッカー日本・イタリアOB戦 Jリーグ レジェンド プレイヤーズ vs グロリエ アッズーレ」を国立競技場で開催した。

 イタリアOB選抜には、フランコ・バレージ氏やクリスティアン・ヴィエリ氏など、元イタリア代表として活躍した往年の名選手が数多く出場し、現役時代を彷彿とさせるプレーを見せて観客を魅了した。また、イタリアはもちろん、日本でも人気の高いロベルト・バッジョ氏も参加、膝の怪我のため出場こそなかったものの、元気な姿を日本のファンの前に見せてくれた。

 JリーグOB選抜からは、ラモス瑠偉氏や木村和司氏ら、Jリーグ草創期を彩った元Jリーガーたちが名を連ねた。また、日本人初のセリエA選手となった三浦知良選手(横浜FC所属)も特別ゲストとして参加し、唯一の現役プレーヤーとしてピッチを駆け回った。

 試合は、前半にクリスティアン・ビエリ氏が2得点を決めてイタリアOB選抜がリードする試合展開に。しかし、後半に入るとJリーグOB選抜が巻き返しを図り、三浦知良選手と福西崇史氏のゴールで同点に追いつき、2-2の引き分けのまま試合終了のホイッスルとなった。


 ロベルト・バッジョ氏は、サッカー日本・イタリアOB戦公式サイトを通じ、以下のようにファンへのメッセージを伝えた。

「プレーできなかったのは残念で、がっかりさせてしまった人には申し訳なく思う。ただ、みんなには心からの“グラッツェ”を言いたい。引退して何年もたつが、みんなが私を応援してくれる。バッジョ・コールを聞いた時にはものすごく感動した。心が揺れて、自分が幸せだと感じた」

イタリアOB選抜とJリーグOB選抜のメンバーは以下の通り。

■J.LEAGUE LEGEND PLAYERS[JリーグOB選抜]
GK 下川健一/都築龍太
DF 柱谷哲二/三浦淳寛/名良橋晃/野々村芳和/斉藤俊秀/田中誠/柳本啓成
MF 遠藤彰弘/藤田俊哉/福西崇史/本田泰人/木村和司/北澤豪/前園真聖/ラモス瑠偉/澤登正朗
FW アルシンド/福田正博/平瀬智行/城彰二/松原良香/武田修宏/三浦知良
監督 水沼貴史

■Glorie AZZURRE[イタリアOB選抜]
GK ジャンルカ・パリュウカ
DF フランコ・バレージ/アレッサンドロ・コスタクルタ/マルコ・マテラッツィ/マッシモ・オッド/ロベルト・ムッシ
MF ディノ・バッジョ/ルイジ・ディ・ビアッジョ/アンジェロ・ディ・リーヴィオ/ジュゼッペ・ジャンニーニ/アンジェロ・コロンボ/ステファーノ・エラーニオ
FW サルヴァトーレ・スキラッチ/クリスティアン・ヴィエリ/マウリツィオ・ガンツ
監督 ロベルト・バッジョ

(写真●佐藤博之)

<関連リンク>
・サッカー日本・イタリアOB戦公式サイト

カテゴリ別新着記事

ss



school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

人気記事ランキング

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク