【第37回全日本少年サッカー大会】福島県大会 決勝レポート「延長戦の末、得意のセットプレーでアストロンFCが勝利をつかむ!!」

2013年06月17日

延長戦の末、得意のセットプレーでアストロンFCが勝利をつかむ!!


「第37回全日本少年サッカー大会 福島県大会」は、6月16日(日)に福島市十六沼公園サッカー場で決勝が行われ、2-1で勝利したアストロンFCが大会3連覇を果たし、3年連続5回目となる本大会出場を決めた。

 決勝戦は、3連覇を狙うアストロンFCとESTRELLAS.FCの対戦となった。序盤からペースを握ったのは、確かな基礎技術をベースにしたパス回しで攻めるESTRELLAS.FC。前半終了間際に10番・鈴木楽人くんが豪快なミドルシュートをゴール左隅に突き刺し、ESTRELLAS.FCが先制に成功した。

 後半に入ってもESTRELLAS.FCのペースは続いたが、シュートがバーに嫌われるなどして追加点が奪えずにいると、少しずつアストロンFCが主導権を握り返していく。そして後半終了間際にアストロンFCが得たセットプレーで、55番・金成健太朗くんのシュートがゴールに吸い込まれ、アストロンFCが土壇場で同点に追い付いた。

 こうして試合は延長戦に突入したが、金成くんが「同点になってからはこっちに流れが来た」と話したように、劇的な同点ゴールによってアストロンFCはさらに流れを引き寄せたアストロンFCは、延長後半でも落ちない運動量で試合を掌握。勢いのままに得たCKを12番・渡部智也くんが合わせてゴールし、死闘に決着を付けた。

 ESTRELLAS.FCにとっては、後半終了間際までリードしていただけに悔しさの募る展開となった。とはいえ、劣勢に立たされてもしっかりとボールをつないで崩す意図を持ったプレーを続け、体力的にキツい時間帯でもプレーがブレなかった。

 優勝したアストロンFCはこれで福島県大会を3連覇し、5回目の全少本大会出場を決めている。昨年の本大会では惜しくも1次ラウンドで敗退となったが、高田監督は「全国までの1カ月間の調整でチームはガラッと変わりますので、できる限りてっぺんを目指して行きたいと思います」と強い意気込みを見せた。

■アストロンFC・高田泰樹監督のコメント
今までも何度か全国の経験をしましたが、今回は本当にうれしい勝利です。なかなかプランどおりにいかなくて、『これは苦しい試合になるな』という感じでした。(同点ゴールの場面は)やることはもう何もなかったので、GKも上げて、全員でまずは入れろというだけでした。ロスタイムだったと思うが、気持ちの面でも優位に立てました。延長戦では後半までいけば、体力的な面ではウチのほうが絶対有利だと思っていたので、よくやってくれました。全国までの1ヶ月間の調整でチームはガラッと変わりますので、できる限りてっぺんを目指して行きたいと思います。セットプレーで決めるのは彼(12番・渡部智也くん)しかいないんです。小さいんですけど、あそこしか狙ってないんです。ウチはセットプレーがすごく多いチームなので、それだけは武器にしようということでやっています。ただ、高さがないので、工夫はしました。今年はいろいろなところで試合経験を積みました。2週間前には、ほかのチームと合同でタイに行ってきました。子どもたちに日本と違う環境を見せようと思いました。『日本ではこんなに良い環境でできているんだよ』というところ。外に出ることで日本が分かるということですね。そういうことも役に立ったかなと思います。

(文・写真●片村光博)

■大会フォトギャラリー
(写真●片村光博)

VOL44

カテゴリ別新着記事

GA-300×80
arsenalsoccerschool


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

人気記事ランキング

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク