【第37回全日本少年サッカー大会】神奈川県大会 決勝レポート「過去最多475チームが参加した神奈川県大会の頂点には、横浜F・マリノスプライマリーが立つ!!」

2013年06月17日

過去最多475チームが参加した神奈川県大会の頂点には、横浜F・マリノスプライマリーが立つ!!


 6月16日(日)、みなとみらいマリノスタウンTCにて「第37回全日本少年サッカー大会 神奈川県大会」の決勝があり、横浜F・マリノスプライマリー(以下、マリノス)がリトルジャンボSC(以下、リトルジャンボ)を4-0で破り、第30回大会以来7年ぶりとなる全国大会への出場権を獲得した。

「カツーン!」という鈍い音に場内は沸いた。前半の給水タイム直前、マリノス4番・岩井くんの放ったフリーキックがクロスバーを叩いたのだった。だが、そのどよめきがマリノス・サポーターの歓声に変わるのには、それほどの時間を必要としなかった。

「得意な位置だったので、みんなを勢いづかせるきっかけにしたかった」とキャプテン・岩井くんの言う通り、このフリーキックが口火となり、前半13分、3番・粟飯原くんの先制弾を誘発。15分には10番・中村くんも左サイドからのゴールで援護する。

後半になっても、マリノスは攻める手を緩めない。4分には、ゴール正面でのフリーキックを3番・粟飯原くんが直接決めて3-0とすると、ダメ押しともいえる4点目が入ったのは17分のこと。ゴールキーパーがパンチングでクリアしたボールに反応したのは2番・青木くん。ペナルティーエリアの外から蹴り込まれたボールは、ゴールマウスへと吸い込まれていく。

そして、マリノスに歓喜のときが訪れた。「うちは、選手に実力差があるわけではなく、誰が出場しても同じように戦えるチームです。そんな、拮抗したなかで切磋琢磨している仲間ですので、決勝ではベンチ入りをした全選手を出場させました」とマリノスの西谷監督はコメント。試合後は、選手全員が手をつないで「歓喜のヘッドスライディング」のパフォーマンスを披露した。

今年のマリノスは、優れたパスワークにも繋がる“結束力”と、ドリブル突破やフリーキックといった“個人技”、そのふたつの武器を備えている。かなり手強い存在であることに間違いはないだろう。

■横浜F・マリノスプライマリー・西谷冬樹監督のコメント
決勝では、自分たちの目指しているスタイルである「攻守に渡ってアグレッシブなサッカー」を全員が協力しながら発揮することができたと思います。全国大会は出場するからには優勝を目指します。マリノスのサッカーを見せつけることができるようにがんばりたいですね。真夏の大会ですので、体力的には、かなりしんどいゲームが続くと思います。選手よりもボールを走らせて、できるだけゴール前にチャンスを作っていくようにしたいです。

(文・写真●山本浩之)

■大会フォトギャラリー
(写真●山本浩之)

カテゴリ別新着記事

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク