【第37回全日本少年サッカー大会】長野県大会 決勝レポート「豊富なひらめきを随所で見せ、アンテロープ塩尻が初の優勝を遂げる!!」

2013年06月17日

豊富なひらめきを随所で見せ、アンテロープ塩尻が初の優勝を遂げる!!


晴天に恵まれた6月16日(日)、「第37回全日本少年サッカー長野県大会」決勝戦が、長野県松本市の松本平広域公園総合球技場(アルウィン)にて行われた。先だって行われた準決勝で芹田少年SCを5-1で破ったAVANZA松本(以下、松本)と、塩尻アルマーレに2-1で競り勝ったアンテロープ塩尻(以下、塩尻)の一戦となった。

お互いに攻撃力を前面に押し出すスタイルだ。ここまでを大量得点で勝ち上がってきた松本は3-3-1ながら攻撃時には両サイドが攻撃に比重をかけて3-1-3のような状態となり、対する塩尻も最終ラインを2枚で守る2-3-1-1である。

このようなスタイル同士のゲームでは先制点が大きく左右するが、それは開始6分に訪れる。前線でボールを受けた塩尻8番・笠原くんが、右サイドのやや難しい角度から「反転して思い切り打ったシュート」(塩尻・米窪監督)がそのままゴールネットに突き刺さり、塩尻が先制に成功。これで主導権をつかんだ塩尻は精神的にも優位に立ったこともあって、その後も攻勢をかける。

16分に6番・樋口くんの遠い位置からのミドルシュートで突き放すと、エンドが替わった後半も勢いが止まらない。後半開始直後の21分に5番・鮎沢くんが左サイドを起点に持ち込んでパス、ほぼフリーでゴール前に詰めていた笠原くんの右足からこの試合2点目が生まれる。さらにその8分後には中盤でのボールロストを見逃さずにカウンターで持ち込み、最後は10番・中野くんが押し込んだ。これで4-0。得点に至るまでの豊富なひらめきを40分間で随所に見せつけた。

松本もこのままでは終われず、終了間際の37分には8番・千川くんが飛び出したゴールキーパーの脇をすり抜けるシュートで一矢報いるが、そのままタイムアップ。9回目の出場にして初優勝を達成した塩尻が喜びを爆発させた。

■アンテロープ塩尻ジュニア・米窪政義監督のコメント
結果は4-1でしたが、コンディションや相性もあります。前半に点をとれたことで楽にはなりましたが、AVANZA松本は攻撃力の非常に高いチームなので最後まで気を抜くことはできず、得点を取れる選手をディフェンダーとボランチでマークしていこうと話してきました。攻撃面ではくさび役にボールを当てた後、反転して思い切って打ったシュートが先制点につながるなど、チャンスにしっかりと決められた結果です。基本的にルールはなく、選手の自由に任せるサッカーをしています。ボールを早く回すサッカーに取り組んでいるが、例えば長いボールが有効と選手たちが判断すれば任せているのです。課題は不安定な守備。ここは修正しないといけませんね。目標は日本一ですが、まずは一戦一戦勝ち上がっていきたいです。

(文・写真●多岐太宿)

■大会フォトギャラリー
(写真●多岐太宿)

カテゴリ別新着記事

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク