【第37回全日本少年サッカー大会】滋賀県大会 決勝レポート「クラブ設立からわずか6年目で初の全国行き。アミティエ草津が初優勝!!」

2013年06月17日

クラブ設立からわずか6年目で初の全国行き。アミティエ草津が初優勝!!


 6月16日(日)、野洲川歴史公園サッカー場 ビッグレイクで「第37回全日本少年サッカー大会 滋賀県予選」の準決勝と決勝が行われた。決勝のカードは野洲ジュニア・フットボール・クラブ(以下、野洲JFC)と、アミティエ・スポーツクラブ草津(以下、アミティエ)となった。

序盤から両チームともに持ち味である攻撃力の高さを押し出し、ゴールに襲い掛かったが、1点が遠い拮抗した状態が続いた。試合が進みにつれ、硬さがとれたアミティエがテーマとするすばやい攻守の切り替えを発揮しペースをつかんでいく。試合が動いたのは19分。GK松田龍之介くんがキャッチから素早いスローで左サイドに展開し、7番・田中快晴くんが受けた。駆け上がった主将の4番・田中慶吾くんへとつなぎ、DFを一人かわして打ったシュートが決まり、1点リードで前半を終えた。

この1点で勢いにのったアミティエは後半に入り、猛攻を開始。後半8分に右サイドを抜け出した14番・河野大地くんからのパスを田中慶くんが決めて2-0とした。15分には河野くんが決めて再び突き放すと、アディショナルタイムにも田中慶くんがこの日、ハットトリックとなるダメ押し弾をゲット。追いすがる野洲JFCに2点を許したものの、満点ともいえる内容を見せ4-2で勝利した。クラブ設立からわずか6年目で初の全国行きの切符をつかんだ。

ハットトリックを達成した勝利の立役者となった田中慶くんは「1点を取るまでは皆、硬かったけど、取れてからは『1点あるから』と安心してプレー出来るようになった。勝った瞬間は涙が出るくらい嬉しかった。ここで満足ではなくて、皆で全国に行っても勝てるように、ワンステップワンステップ登っていきたい」と笑顔ともに決意を語った。蓑方直輝監督も「初の決勝大会なので、チャレンジャー精神で頑張りたい」と意気込んだ。

■アミティエ・スポーツクラブ草津・蓑方直輝監督のコメント
緊張があったのか、個の技術では負けていないし、得点も取れるはずが、前半に1点しか取れなかったので『うちらしくないな』と思っていました。それでもすばやい攻守の切り替えがよくできていたと思います。攻撃的にどんどんチャレンジしていくのがうちらしさですけど、ドリブルやパスだけでは中学に上がってからはボールを失う機会も増えるので、それだけでは行き詰ってしまいます。選手たちにそういった部分に対して責任感を持ってもらいたいですね。うちは幼稚園のスクールからやっている子が多く、今日のメンバーもずっとアミティエで育った選手がほとんど。クラブ全体でつかんだ結果だと思うので嬉しいです。

(文・写真●森田将義)

■大会フォトギャラリー
(写真●森田将義)

カテゴリ別新着記事

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク