【第37回全日本少年サッカー大会】山口県大会 決勝レポート「エースの2ゴール1アシストの働きで豊洋JSCが初の全国大会への切符をつかむ」

2013年06月17日

エースの2ゴール1アシストの働きで豊洋JSCが初の全国大会への切符をつかむ


 6月16日(日)、山口県防府市にある防府市陸上競技場において、「第37回全日本少年サッカー大会 山口県中央大会」の、準決勝、3位決定戦、決勝の4試合が行われた。前日の準々決勝とは打って変わって、この日の決勝の舞台は真夏の様な気温と眩しい青空。ここまでの大会を必死に戦って来た選手たちに、サッカーの神様は最高の環境をプレゼントしてくれた。代表を賭けた戦いは、ともに決勝初進出の豊洋JSCとSC.VAMOS。全国大会初出場を目指し、両チームは戦った。

 前半2分に、SC.VAMOS(以下、VAMOS)の2番國吉くんが直接狙ったFKは、惜しくも豊洋JSC(以下、豊洋)のGK大藪選手の正面。対する豊洋も、得意のセットプレーからチャンスを得たが生かせなかった。膠着した試合展開だったが、豊洋の9番河野くんは冷静に相手の守備を分析していた。「相手のディフェンスラインが高かったので狙っていた」の言葉通り9分、2番の國吉くんのパスに反応、VAMOS守備陣の裏に抜けると、技ありのループシュートを放ち豊洋が先制する。

 追いつきたいVAMOSは諦めずに攻めると、その気持ちが17分に、PKという形でチャンスを得る。しかし10番の山本くんが放ったシュートを、豊洋のGK大薮くんが横っ飛びで防ぎ、同点とはならず。豊洋の1点リードで迎えた後半も、スタンドから送られる熱い声援に後押しされるように、VAMOSは攻めるが、どうしてもゴールを奪えない。

 すると25分、左サイドでボールを受けた9番河野くんが、ドリブルで持ち込みシュートを放つと、GKが弾いた所に7番の木村くんが流し込み追加点。試合終盤の37分、この試合2点目となる9番河野くんがゴールを奪うと、豊洋応援団からは勝利を確信した大きな歓声が湧いた。試合終了のホイッスルまで諦めずに攻め込んだ、VAMOSの攻撃を無失点に抑えた豊洋が3-0で勝利して、念願の全国大会初出場を決めた。

■豊洋JSC・古田伸也監督のコメント
最初は緊張していましたたけど、どんどん自分たちの持ち味のサッカーができていきました。子どもたちの気持ちの強さが、勝因だと思います。決める選手(河野くん)が決めてくれ、PKもキーパー(大薮くん)がしっかり防いでくれたので、行けるかなと思いました。ウチの特徴はチームワーク。小学校もバラバラなんですけど、集まったときに、まとまってプレーできるのが大きいと思います。決勝大会でも豊洋のサッカーができれば良いかな。1試合でも多く、自分たちの試合ができればと思います。

(文・写真●坂本 真)

■大会フォトギャラリー
(写真●坂本 真)

カテゴリ別新着記事

GA-300×80


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク