【第37回全日本少年サッカー大会】宮崎県大会 決勝レポート「逆転に自信アリ! 宮崎東サッカースポーツ少年団が宮崎大会を制す!!」

2013年06月17日

逆転に自信アリ! 宮崎東サッカースポーツ少年団が宮崎大会を制す!!


「第37回全日本少年サッカー大会 宮崎県大会」は、6月16日(日)に決勝が行われた。会場は、宮崎県総合運動公園木の花ドーム。前日までの戦いを勝ち上がり、この舞台に駒を進めたのは、初優勝を狙う太陽宮崎SC(以下、太陽宮崎)と、久しぶりのチャンスに闘志を燃やす宮崎東サッカースポーツ少年団(以下、宮崎東)だった。

 ともに大型選手を中心とする、守備に自信を持ったチームだけに、試合開始からしばらくは、互いにペナルティーエリアに相手選手を侵入させない展開が続いた。しかし4分、太陽宮崎の3番・後藤翔くんがハーフライン付近から蹴ったFKが、キーパーの手をかすめてゴールネットを揺らす。先制した太陽は、守っては各選手が相手をしっかりマークし、攻めてはサイドアタックやカウンターで相手ゴールに迫るなど、チーム全体に勢いがついた格好だ。しかし、あと一押しが足りず、得点に結びつけることができない。

 一方の宮崎東は、早い失点にもあわてず、逆転を信じていた。前半終了間際の20分に得たCK。ゴール前でこぼれたボールを10番・田端爽志くんが押し込み、宮崎東が試合をイーブンに戻す。

 ハーフタイムに斉藤コーチから「攻撃に対する意識が低い。勇気を持って得点しよう」と指示された宮崎東の選手たちは、後半開始から相手エリアでゲームを進める。27分、ゴール正面での宮崎東のFK。太陽宮崎の壁4人に対し、宮崎東は1人目がフェイントを仕掛け、後ろにいた9番・島田惑登くんが逆転ゴールを決めた。

 追う太陽宮崎は懸命に攻めたものの、宮崎東の安定した守りに阻まれてしまい、得点できないままに試合終了の笛を聞くことになってしまった。清水寿郎監督は「前半の流れのいいときに得点できなかったのが敗因」と悔やみつつも、「また次、頑張っていきたい」と前を向いていた。

■宮崎東SSS・斉藤親徳コーチのコメント
先制されてしまいましたが、この子たちは県外の強豪との試合経験がありますし、失点から逆転というゲームが何度もあります。それに、予想もしていないようなシュートでしたから、かえって尾を引くところはありませんでした。セットプレーは大会前から練習していて、今大会はよく得点していました。4回戦の太陽延岡SC戦でも、土壇場にCKで追いつく場面があったんです。今日もよく追いついてくれました。勝ち越しのFKも、よく練習してきた形です。あの位置では壁を越えてゴールするのが難しいので、1人目が壁を動かしてズレを作って、2人目が決めるという形です。今日は、OBの方とかもずいぶんと来てくれましたし、普段から仲の良いチームの保護者の方たちも応援してくれて、とても力になりました。全国大会は強いチームしか来ないので、特別なことをやるのではなく、今までやってきたことに磨きをかけたいと思います。

(文・写真●照屋盛義)

■大会フォトギャラリー
(写真●照屋盛義)

VOL44

カテゴリ別新着記事

GA-300×80
arsenalsoccerschool


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

人気記事ランキング

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク