コラム

サッカー母ちゃんの”まだまだ”ドタバタ日記「第11回 サッカー坊主」

2013年06月20日

長男、高校でのサッカー部練習を初めてすぐのこと。

さっそく、コーチだか先輩だかに「髪切って来い」と言われたらしい。

「あんただけ注意されたの?」

「いや、1年みんな。バリバリ長いのもいる」

行きつけの近所の美容院に出かけていきました。

「変わり果ててしまった……」

戻ってきた長男は、きれいさっぱりスポーツ刈りに。

「いいじゃん! そのくらいのほうが全然いいよ、似合う!!」

長男は、未練たらしく短くなった前髪を引っ張っていますが、母ちゃんはすがすがしい気持ち。

小学校高学年になった頃から、頑なに髪を切るのを嫌がっていた長男。
目にかかる前髪がうっとおしいったらありゃしない。

「髪が長い選手はみんなダメじゃん。監督から信頼されて活躍してるのは、髪を短く刈ってる選手でしょうが!?」(意味不明)

って、母ちゃんがどんなに説得しても、切ろうとしなかった長男。
なのに、高校に入ったら、一発でスッキリ。ああ、よかったよかった。

と思っていた、数日後。

練習オフの日に帰って来るや……

「髪切ってくる」

「どうしたの?」

「坊主」

わけあって全員坊主刈りにすることになったらしい。

あらら~。ついに、長男も坊主頭かぁ。

戻ってきた長男、赤ん坊の頃のうつぶせ寝の成果か頭の形はいいのだけど、頭が小さくて体も細くて……まるでマッチ棒ではないか。

「ああ、制服とジャージ以外何着ても似合わねえよ」

ぼやく長男に「坊主頭は襟のあるものがいいんだよ。
ボタンダウンシャツとか、ホラ、父ちゃんのラガーシャツとか似合うぞ」と父ちゃん。

父ちゃんから借りたカンタベリーのラガーシャツを着た長男。なんかヘン。

翌日。
学校から帰って来た長男に聞くと、みんなきっちり翌日には坊主にしていたらしい。

おお、さすが1年生。みんな気合いが入ってるね。

「おまえ、こんな顔してたんだ! って感じ。坊主にすると、顔がよく見えておかしいんだよね~」

坊主の刈り方にもいろいろあるらしく、長いのはダメだし、短すぎて剃ってるようなのもNG。

髪の長さをトップとサイドで微妙に変えて切ってもらった長男は、

「おまえ、おしゃれ坊主だな」なんてからかわれたって。

「オレ、意外に髪密集してた」

みんなでそれぞれの髪の量もチェックし合った様子。

「坊主初心者はつい自分の頭に手をやってなでてるから、坊主初心者ってすぐわかるらしいよ」

坊主を巡る話があまりにもおかしくて、長男の話を聞きながら大爆笑。
こんなにサッカー部の話をしてくれたのも初めて。

「髪洗うのも体洗うのと一緒だし、ドライヤーいらないしさ、支度早~っ!」

なんかさ。坊主になって、一皮むけたんじゃないの?

思春期の男子が坊主になることって、ちょっとした通過儀礼なのかもネ。

カテゴリ別新着記事

GA-300×80


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク