【第37回全日本少年サッカー大会】三重県大会 決勝レポート「最後まであきらめない気持ちで試合終了間際に得点した、大山田サッカースポーツ少年団が優勝!」

2013年06月24日

最後まであきらめない気持ちで試合終了間際に得点した、大山田サッカースポーツ少年団が優勝!


「第37回全日本少年サッカー大会 三重県大会」が6月23日(日)、鈴鹿スポーツガーデンにて開催。全国大会への切符を目指し、熱戦を繰り広げた。

準決勝は、阿山クラブJrとFCジェンティーレ(以下、ジェンティーレ)が対戦。細かくパスをつなぐ攻撃で前半から得点を重ねたジェンティーレが3-0で決勝へと駒を進めた。もう一つの準決勝は、FC.Avenidasol u12と大山田サッカースポーツ少年団(以下、大山田)が対戦。圧倒的な攻撃力を持つ大山田が5-0で勝利し、ジェンティーレとの決勝戦を決めた。

小雨の中で始まった決勝は、キックオフ直後から主導権をにぎり、積極的にパスを回すジェンティーレの攻撃に対し、大山田はこれまでの試合とはうって変わって防戦に励むことに。前半10分、細かくパスをつなぎながらサイドチェンジを繰り返すジェンティーレは、FW9番・前川世那くんのシュートで先制点を獲得。

後半もジェンティーレペースで試合が始まるが、大山田が次第に地力を表し始め、後半だけで10本ものシュートを放つ猛攻に。後半11分には大山田MF7番・雨宮陸くんが強烈なミドルシュートを放ち、ついに同点に。このまま延長戦かと思われた試合終了間際、大山田MF8番・小山陸くんからのCKを、ニアサイドで待ち構えるFW10番・菊地将平くんがヘディングで競り勝ち、待望の追加点に。この直後に試合終了のホイッスル。苦しい時間が続くも失点を最小限にとどめ、最後は地力をみせた大山田に軍配が上がった。

■大山田サッカースポーツ少年団・小山直樹監督のコメント
この学年は三重県内で負けたことがないので、今大会もプレッシャーを感じながらの参戦となりました。選手たちは準決勝で頑張りすぎたためか、決勝ではなかなか動けませんでした。しかし、関東や関西への強化試合などで作り上げた強いメンタルで、最後まで下を向くことなく、負けたくないという強い気持ちを持てたからこそ、今回の結果に繋がったと思います。今後は、前線からの積極的な守備、攻守の切り替え、フィニッシュの精度向上を課題に、あと1ヶ月練習を重ねます。決勝大会では、チームのこれまでの最高成績であるベスト8を越える成績をおさめたいですね。

(文・写真●家田美央)

■大会フォトギャラリー
(写真●家田美央)

カテゴリ別新着記事

GA-300×80


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク