【第37回全日本少年サッカー大会】高知県大会 決勝レポート「多彩な攻撃を繰り出した十市少年サッカークラブが高知県を制覇!!」

2013年06月25日

多彩な攻撃を繰り出した十市少年サッカークラブが高知県を制覇!!


6月23日(日)、朝から小雨が降りしきるなか、高知県立春野総合運動公園球技場にて行われた「第37回全日本少年サッカー大会 高知県大会」の決勝は、十市少年サッカークラブ(以下、十市)が初優勝を目指すエストレーラス高知(以下、エストレーラス)を5-1で破り、3年ぶり3回目となる優勝を果たし、決勝大会出場への切符を手にした。

先制をしたのは、十市。前半1分、中盤での競り合いから10番・山崎選手がボールを奪い前線へ縦パスを送り、7番・筒井くんから右へ走り込んできた4番・田中くんへダイレクトパス。ワントラップでしてシュートを放ったボールは、相手ディフェンダーをかすめそのままゴールへ。十市が幸先よく先制をあげた。

その後は十市が押し気味に試合を進めるも、エストレーラスのキーパー・岸野くんを中心に守備陣が踏ん張る。一方でエストレーラスも何度か攻撃の糸口をつかもうとゴール前にボールを運ぶが、得点には至らず。

そして前半ロスタイム。自陣ペナルティエリア前での小競り合いからボールを奪った十市9番・濱田くんがドリブルをしながら冷静な判断を見せる。一度田中くんにつながり、そこから絶妙なクロス。待ち受ける筒井くんは落ち着いて豪快なシュートを突き刺し、確実にチャンスをものにした十市が点差を広げ前半を折り返した。

後半も一進一退の攻撃が続く中、エストレーラの攻撃をしのいだ十市がチャンスをつかむ。左中央でボールを持った十市の山崎くんから右サイドで待つ田中くんへ。スピードに乗ったままドリブルで前へ進み、そのまま鋭く右足を振り抜いた。ボールは低い弾道で左ポストを経由してゴールに決まる。

3点のリードをつけ、十市のペースで試合が運ぶ。後半8分には、ゴール前での混戦から田中くんがゴールへねじ込み、ハットトリックを達成。さらに11分には、山崎くんがキーパーが飛び出したところに技ありのループシュートを決め、5-0とリードを広げる。

その後、エストレーラス・松本くんが1点を返し、怒濤の攻めを見せるも、堅い守りと最後まで攻める姿勢を見せ続けた十市は反撃を許さず、試合終了のホイッスルが鳴った。

キャプテンで10番の山崎くんを中心に、後列からの飛び出し、カウンターやサイド攻撃、また個人技での仕掛けなど多彩な攻撃を見せた十市が、5-1で勝利し、決勝大会への切符を手にした。

■十市少年サッカークラブ・北村滋朗監督のコメント
エストレーラスさんは強豪で、勝てたのは本当に運が良かったです。あえて勝因をあげるなら、守備から攻撃へしっかりつないで展開できたことです。またムードメーカー的存在の田中が得点をあげ、それも良い結果につながったと思います。決勝大会にはいいチームがたくさんあるので、着実に経験を積み重ねていきたいです。

(文・写真●埜下翔)

■大会フォトギャラリー
(写真●埜下翔)

カテゴリ別新着記事

GA-300×80


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク