【第37回全日本少年サッカー大会】鹿児島県大会 決勝レポート「1点を取って守り切る! 飛松FCが4年ぶり4回目の優勝」

2013年06月25日

1点を取って守り切る! 飛松FCが4年ぶり4回目の優勝


「第37回全日本少年サッカー大会 鹿児島県大会」の準決勝と決勝が、6月23日(日)に霧島市の国分運動公園陸上競技場で行われた。決勝戦は、準決勝までの計7試合でわずか1失点の飛松FC(以下、飛松)と、準決勝の“太陽SC対決”を制した太陽スポーツクラブ U-12(以下、太陽)という顔合わせになった。

雨が降るなかで行われた決勝戦。試合開始からしばらくは、一進一退の攻防が続く。しかし6分、飛松が右サイドから攻めて、ゴール前で9番・新豊瑠希くんが押し込む。太陽のDFたちが呆然としてしまうほどに、意表を突く先制ゴールだった。この後は、飛松が攻守ともに相手を上回って試合を進めた。一方の太陽は、守りがピリッとしない。9分には、キーパーのキックが味方に当たるというミスがあった。攻めについても、決定的なチャンスを作り出せないままだった。

後半になって26分、ようやく太陽の決定機が生まれる。飛松DFの間を通した縦パスが、裏に抜け出した選手につながる。これは、飛松のキーパー・上之園史弥くんに阻まれたものの、いい形だった。この後にセットプレーが何度か続いて、31分に縦パスで再び1対1のビッグチャンスが生まれる。ところが、シュートは上之園くんにキャッチされてしまう。この後も、上之園くんの神がかり的な好守と、選手全員による飛松の粘り強い守りが太陽の前に立ちはだかり続けた。

試合は1-0で終了し、飛松FCが4年ぶり4回目の全国出場を決めた。あと一歩で敗れた太陽ではあるけど、準決勝に決勝と、2試合続けて手に汗握る熱戦を見せてくれた。会場にいた多くの人たちが、太陽の戦いぶりに感動したはずだ。飛松FCだけでなく、彼らにも大きな拍手を送りたい。

■飛松FC・飛松文人監督のコメント
最初の10分間は手堅くいきながら、相手の様子を見ていこうというゲームプランでした。思っていたより、中盤で仕掛けさせることができたので、外から崩して得点することができました。タイミングが良かったですね。守備に自信があるので、1点を取れば勝てるだろうと思っていました。子供たちが、よく守ってくれました。
ハーフタイムは、攻撃の選手には「1-0を忘れなさい」と。DFには「1点余裕があるのだから、守備であわてないように」と伝えました。残り10分は覚悟はしていましたし、子供たちもよくわかっていました。ベストメンバーではなかったんですけど、練習試合で2回戦って2回とも負けていたんです。今日の勝ちはプラン通りです。上手くはまりました。お父さん、お母さんも応援でよく頑張ってくれました。これがあるから、楽しいです。全国大会は4回目で、全国レベルはわかってます。なんとか頑張れば、決勝トーナメントには行けると思います。

(文・写真●照屋盛義)

■大会フォトギャラリー
(写真●照屋盛義)

カテゴリ別新着記事

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

人気記事ランキング

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク