【第37回全日本少年サッカー大会】北海道大会 決勝レポート「8人制になってから初の決勝大会に。コンサドーレ札幌U-12Aが3年ぶり5回目の優勝を飾る!」

2013年07月01日

8人制になってから初の決勝大会に。コンサドーレ札幌U-12Aが3年ぶり5回目の優勝を飾る!


「第37回全日本少年サッカー大会 北海道大会」の準決勝と決勝戦が6月30日(日)に行われた。コンサドーレ札幌U-12Aが3年ぶり5回目の優勝を飾り、決勝大会に駒を進めた。

決勝は函館地区代表のフロンティアトルナーレFCU-12(以下トルナーレ)とコンサドーレ札幌U-12A(以下札幌U-12A)が激突した。

試合が始まると主導権を握ったのは札幌U-12A。高い位置から守備を仕掛けた。ボールを奪うとサイドに展開し、開始直後から何度もチャンスを作った。

試合が動いたのは前半20分。中央からパスを受けた8番・DF本間洋平くんがペナルティエリアの外から強烈なミドルシュート。見事にゴールネットを揺らして先制弾を決めて前半は1-0で終了した。

後半が始まるが相変わらず札幌U-12Aの攻撃は続いた。ドリブル、ミドルシュート、ヘディングシュートと何度も相手ゴールに襲いかかった。そして、後半14分。左CKに9番・FW小山田凌くんが反応し、ヘッドでドンピシャに合わせて2点目を奪った。

一方、トルナーレは相手の猛攻に耐えながら反撃のチャンスを狙った。後半17分、9番・MF小出頼人くんがゴール中央でミドルシュートを打つが、無情にもクロスバーを叩いた。

そして、試合終了のホイッスルが鳴り響いた。3年ぶりの優勝は1回戦から4試合無失点。決勝の舞台でもシュート本数で相手3本に対し札幌U-12Aは20本と圧倒した。

J2・コンサドーレ札幌の育成部門として、多くの選手がプロを目指して入団。2点目を決めたFW小山田くんはトップチームで同じポジション、同じ背番号9のFW横野純貴くんを尊敬している。共通の知人を通して会ったことがあるFW小山田くんは「プロの考え方の話を聞いた。参考になりました」と常に刺激を受けている。本大会にチームは4回出場しているが最高成績はベスト8が3回(当時は11人制)。DF本間くんは「全国制覇を目指して頑張りたい」と意気込んだ。

■コンサドーレ札幌U-12A・浅沼達也監督のコメント
8人制になって初めての優勝になりました。11人制と同じポゼッションサッカーを取り組んでいる中でなかなか難しかったです。ですが、将来を見据えて育成を考えるとポゼッションサッカーをやらなきゃいけない。この先も課題として残りますが今回8人制で自分たちがやろうとしているサッカーは、まだほど遠いですが結果を出せたことは次につながると思います。
また、成長痛などでメンバーが全員そろうのが難しくまだ詰めていないところもありました。決勝大会までは今までやってきたことの精度を上げたいです。8人制の中で自分たちのサッカーがどこまで全国で通用するか追求したいです。

(文・写真●西尾武)

■大会フォトギャラリー
(写真●西尾武)

カテゴリ別新着記事

GA-300×80


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク