【第37回全日本少年サッカー大会】大阪府大会 決勝レポート「大阪市ジュネッスが初優勝を飾る!」

2013年07月01日

大阪市ジュネッスが初優勝を飾る!


6月30日(日)、J-GREEN堺において、「第37回全日本少年サッカー大会 大阪府県予選」の準決勝と決勝が行われた。

決勝は、ガンバ門真に5-0で快勝した大阪市ジュネッス(以下、ジュネッス)と、SSクリエイトとの2-2からのPK戦を2-1で制したガンバジュニア(以下、ガンバ)のカードとなった。

開始4分、ジュネッスが先制する。50番・羽坂豪くんのパスを11番・工藤優真くんが鮮やかに決めた。追いかけるガンバは、9番・久保勇大くんの突破力を活かして反撃に出る。

高い技術を持つジュネッスだが、小柄な選手が多いものの、相手選手への早い寄せ、体を張ったタックルでガンバを苦しめた。

試合は、前半終了間際に2点目を決めた50番・羽坂くんが、後半早々2分にも「思い切り蹴ったら入った」というゴールを決めそのまま3-0でタイムアップ。大阪市FCと名乗っていた時代を含めて2度目の全国大会で、攻守にバランスのとれたジュネッスの活躍を期待したい。

■大阪市ジュネッスFC 清水亮監督のコメント
「自信はありませんでした。体格もそんなに大きくないし、能力に恵まれてもいない。面白い個性を持った子らは何人もいたので、それが融合すればいいチームにはなるかなと思っていましたが、ここまで来るとは。ウチのチームは守備が命なんで、守備をサボっているヤツは試合に出られない。決勝の前には、相手も当然強いし、失点もあると思うけど、いつも通りのプレーを自信を持ってやろう、楽しもうと言いました。OBの丸橋祐介(セレッソ大阪)もビデオメッセージをくれて、子どもたちはそれを見てモチベーションが上がっていました。全国は、1度ダノンで経験しました。Jのチームともやりましたし、決勝のグランパスとF・マリノスの試合も見ても、正直圧倒的な差があるとは思いませんでした。出来る手ごたえもありました。全国でもウチのサッカーをしっかりやって、優勝を目指したい。大阪350チームの思いを背負ってやっていきたい」

(文・写真●貞永晃二)

■大会フォトギャラリー
(写真●貞永晃二)

カテゴリ別新着記事

GA-300×80


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク