コラム

亘コーチの1対1攻略基礎レッスン 『1対1』に強い選手になろう!

2013年07月04日

 

■LESSON 2
相手の真正面にボールを止めない

▼トレーニング紹介②
トレーロ(闘牛ゲーム)

[ルール]
四角形のグリッドの中での1対1。ボールを出してもらったら、1対1がスタート。まずうハンドパスでボールをもらい、手でボールを持ちながらの1対1に慣れてきたら、実際にドリブルで1対1の勝負をする。

ボールを受けたときにまっすぐ置いてしまうと相手は対応がしやすい。攻撃側も相手との距離がすぐ近づいてしまうので余裕がなくなってしまう。

ボールを受けたときにまっすぐ置いてしまうと相手は対応がしやすい。攻撃側も相手との距離がすぐ近づいてしまうので余裕がなくなってしまう。

 

【亘’sチェックポイント】
真正面で受けずに、相手を左右に動かしながらボールを受けよう。
真正面で受けるときは、トラップを左右にコントロールして相手を動かそう。

【トレーニングのポイント】

ボールを受けるときに左右へ流れることで、相手を動かすことができる。迫ってきたタイミングで逆をとり、空いているスペースに抜ける。

ボールを受けるときに左右へ流れることで、相手を動かすことができる。迫ってきたタイミングで逆をとり、空いているスペースに抜ける。

 

ボールを真正面で受けたときは、トラップを左右に流して相手を動かすこと。そして相手が迫ってきたタイミングで逆をとる。

ボールを真正面で受けたときは、トラップを左右に流して相手を動かすこと。そして相手が迫ってきたタイミングで逆をとる。

 




ジュニアサッカーを応援しよう! VOL.29

発行:株式会社カンゼン

◆特集1 「1対1」に強い選手になる!!
◆特集2 こんな大人が子どもをダメにする
◆【付録DVD】
東京ヴェルディ・中島翔哉選手の高速抜き技ドリブル 他

※ご購入はジュニサカオンラインショップまで!

 

VOL44

カテゴリ別新着記事

GA-300×80
arsenalsoccerschool


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

人気記事ランキング

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク