ニュース

日本代表が東アジアカップ初戦で中国代表を相手にドロー

2013年07月22日

日本サッカー協会は22日、日本代表が韓国で開催されている「EAFF東アジアカップ2013 決勝大会」の中国代表戦に臨み、3-3のドローで試合を終えたことを公式サイトで伝えた。詳細は以下の通り。

※ジュニサカWEBサイトで好評掲載中!
日本代表初召集の齋藤学選手。
幼いころから非凡の才能を見せたドリブラーはどのようにしてプロへの階段をのぼったのか?

■試合結果
2013年7月21日(日)21:00キックオフ(現地時間)
ソウルワールドカップスタジアム(韓国/ソウル)

日本代表 3-3 中国代表

【得点者】
4分  Wang Yongpo(中国)
32分 栗原勇蔵(日本)
59分 柿谷曜一朗(日本)
60分 工藤壮人(日本)
80分 Wang Yongpo(中国)
86分 Sun Ke(中国)

■スターティングメンバー
GK:西川周作
DF:駒野友一、栗原勇蔵、槙野智章、森重真人
MF:青山敏弘、髙萩洋次郎、山口螢
FW:柿谷曜一朗、工藤壮人、原口元気

【サブメンバー】
GK:林卓人、権田修一
DF:千葉和彦、森脇良太、鈴木大輔
MF:高橋秀人、扇原貴宏
FW:豊田陽平、山田大記、齋藤学、大迫勇也

【交代】
66分 青山敏弘 → 高橋秀人
72分 原口元気 → 齋藤学
88分 柿谷曜一朗 → 大迫勇也

■スケジュール
7月25日(木)20:00キックオフ(予定)
華城競技場
対 オーストラリア代表

7月28日(日)20:00キックオフ(予定)
蚕室総合運動場
対 韓国代表

<関連リンク>
日本サッカー協会公式サイト

カテゴリ別新着記事

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク