コラム

試合後や練習後に必ず実践したい! KOBAのジュニア版マッサージ&ストレッチ

2013年08月07日

日々のトレーニングと同じくらい大切なのが、練習後のアフターケア。これを怠ると疲労から思わぬケガや痛みにつながったり、プレーの精度も下がってしまいます。大事な大会が終わってホッとしたときこそ、充分に体をケアする必要があります。そこで、試合後や練習後にストレッチとマッサージを実践しましょう! 今回のメニューは、誰でも簡単にできるものばかりです

文●三谷悠 写真●編集部 モデル●伊東康輝、前田絹矢

※『ジュニアサッカーを応援しよう!VOL.16春号』 P50-53より転載

 


 

疲労回復やケガ予防のマッサージ&ストレッチ

アフターケアはなぜ大切なのでしょうか。練習やゲームをしたあとは、筋肉が疲れて縮んだ状態になっています。これをそのままの状態にしておくと、ケガにつながるんですね。使った筋肉はしっかりと伸ばしてあげないといけません。アフターケアを欠かさずに行うことで疲労回復、ケガ予防にもつながりますから、体を動かしたあとは、ぜひストレッチとマッサージをしてください。自分の体は自分で守る。この意識をもつことがとても大切なことです。

 


 

▼マッサージ編I~足裏部分

①この指で押しているところが足底筋膜だ。

①この指で押しているところが足底筋膜だ。

②上から1秒間隔で押すのがコツ

②上から1秒間隔で押すのがコツ

③下までゆっくり押していこう。

【KOBA’S POINT】
まずは足裏の足底筋膜をケアしてあげること。足底筋膜はかかとの骨の下側と足の指の付け根をつないでいる部分だ。手の親指で痛くない程度に、1秒間隔で押していく。この部分はジャンプしたり、踏ん張ったりしたときに使うところで、とても疲れやすい。上から下へゆっくり、しっかり押してあげよう。

 


 

▼マッサージ編II~ふくらはぎ部分

①ひ骨の下あたりが押すポイント。

①ひ骨の下あたりが押すポイント。

②骨にそって上から下に。

②骨にそって上から下に。

③足の裏と同様に1秒間隔でゆっくりと。

③足の裏と同様に1秒間隔でゆっくりと。

【KOBA’S POINT】
ジャンプをしたり、着地したときに負担のかかるふくらはぎ。ひ骨のちょうど下あたりをマッサージしよう。ややアキレス腱に近い、押して気持ちがいいところを探して上から下に押していくのがポイントだ。もう少し強くマッサージしたい場合は反対側の足を伸ばして、上から下に強く押しつけるようにもんでみよう。

カテゴリ別新着記事

ss



school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

人気記事ランキング

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク