コラム

親の接し方が変われば子どもは必ず伸びる!

2013年08月10日

試合中、応援に熱中するあまり、監督さながらに子どもたちに指示を出し、ときには審判に抗議する保護者の姿を見かけることがあります。こうした親の姿は、子どもたちにどんな影響を与えているのでしょう? 親が無意識に行っている言動が、ときに子どもを追いつめたり、判断力を養う機会を奪ったりしている場合もあるのです。選手のことを第一に考える“プレーヤーズファースト”の精神は、指導者だけでなく保護者も忘れないでいたいもの。キッズコーチングの専門家・竹内エリカ先生に、子どもの能力を伸ばすサポートの仕方について伺いました。

文●戸塚美奈 イラスト●植木美江
写真協力●一般財団法人日本キッズコーチング協会

※『ジュニアサッカーを応援しよう!Vol.29夏』P132-135より転載

 


 

子どもは伸びる01

親の過剰な応援が子どもの成長の機会を奪う!

 皆さんは、サッカーをがんばる子どもたちの応援につい熱が入り過ぎてしまったこと、ありませんか?
 ジュニアサッカーの選手たちが活躍するうえで、保護者のサポートは不可欠だと思います。しかし、試合に勝つことだけを目標とした応援の仕方を続けていると、結果的に子どもたちの成長の芽を摘んでしまうばかりか、将来社会に出たときに必要な能力さえも育たない恐れがあるのです。

 親のもっとも大切な役目は、目標に向かい、努力し鍛錬する子どもを励まし勇気づけること。そして何より子どもが自ら困難を乗り越えられるよう、適切なタイミングで手を差し伸べることです。

 例えば、お子さんが試合でオフサイドを取られたとします。じつは審判のミスジャッジだったとしたら、あなたならどうしますか? 審判の権限を尊重し、ぐっと悔しい気持ちを飲み込みますか? それとも監督やコーチに代わって猛抗議しますか?

 サッカーでは、保護者やコーチはもちろんのこと、試合中に選手が審判に抗議することは認められていません。ここで重要なのは、どちらの選択が正しいかということではなく、トラブルが起こったときに、子ども自身に判断させる機会を与えているかどうか? ということです。

 そんなときは、家に帰ってから、お子さんに「今日、ミスジャッジがあったけどどう思う?」と尋ねてみてください。「しかたないよ」と言うかもしれません。その場合は、「次にミスジャッジがあっても、勝敗に影響がでないくらいのスキルを磨いてもっともっと強くならないとね」と明るく声をかけてもいいかもしれません。

 ときには、お子さんのほうから「今度は紛らわしい動きをしないようにしないと」などと建設的な意見を言ってくれるかもしれません。いずれにしてもどう感じたのかを問いかけ、次はどうすべきかを具体的な行動として一緒に考えることが、もっとも成長を促す親の態度なのです。子どもは自分で考えて自分で行動しない限り、自立することができないのです。

 大人が指示するのではなく、まず子ども自身に考えさせるのが、キッズコーチングの基本です。

 子どもへの接し方で大切なのは、「か・き・く・け・こ」。大人は子どもから、「考える」「企画する」「工夫する」「計画する」「行動する」機会を奪ってはいけません。失敗は、「か・き・く・け・こ」を学ぶ、絶好のチャンスなのです。トラブルが起きたときこそ、子どもが自分自身で考えることを親が上手に促してあげましょう。

子どもは伸びる02

カテゴリ別新着記事

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク