コラム

サッカー母ちゃんの”まだまだ”ドタバタ日記「第22回 イケメン男子たちとの再会」

2013年09月05日

夏休みも残すところわずかになったある日。
次男と母ちゃんは、今度は都立B高校のサッカー部練習会に出かけて行きました。

B高校のサッカー部には、小学校のときからのチームの先輩Rと、長男と同級のTがいるのです。

母ちゃんはグラウンドの金網の外から目立たないように見学。

グラウンドはちゃんと四角くて(高校って四角くないグラウンドがじつは多い…)、サッカー部の人数もそれほど多くなく、いい感じです。

中学のときからほとんど背格好が変わっていないRを、すぐに発見しました。
次男の顔を見て、Rがニヤニヤしながらも、一緒に柔軟をやってくれたり、なにかと世話をやいてくれている様子。

あれ、Tはどこだろう?

練習は、ブラジル体操に、パス練習、3人でのシュート練習など。

集まった中学生の中で、次男は小さいほうだけれど、けっこうボールを持てています。
いいパスも送っているし、この中では技術はあるほうかな。

ミニゲームも終わり、中学生はストレッチをやって解散になりました。
母ちゃんがRにお礼を言おうとグラウンドの方へ行くと、Rのほうが先に気づいて、やって来てくれました。

「G(長男の名)、がんばってますか?」

「がんばってるよ~! でも、この間『RとTと、B高校でやりたかったな』って、つぶやいてたよ。死ぬほどがんばってるけど、トップには入れそうにないんだよ」

「Gでもダメなんですか? そんなにみんなうまいの?」

「ウン。去年実績があったから、強い子いっぱい入ったみたいで」

「あー。でも、ぜったい、そういうとこでがんばったほうがいいですよ。オレたち、この夏も負けちゃったし」

そうか~、もう選手権予選、終わっちゃったのか。
でも、今度は、Rがキャプテンでしょ、絶対次は勝てるよ!!

「そういえば、Tはいた? どこにいるかわからなかったんだけど」

「あ、いますよ」

Rが読んでくれたTは、なんと、茶髪のイケメン男子。

「えーっ!男前になっちゃって!! 全然わからなかったよ~」

照れくさそうに笑うT。
だって、中学校のときは、もう少しなよっとして、自信なさげだったじゃない。
まさか、これみよがしに上半身ハダカでいるのがTとはねぇ。

「ま、こいつはちょっとチャラくなりましたけど」とR。

「お父さんお元気?」

「はい、元気です」

あ~あ、ジュニアのころ、Tのお父さんと一緒に応援したの、懐かしいなぁ。

「D(次男の名)、ウチ来るんですか?」

「どうかな~。もうちょっと勉強しないとな」

「待ってます!!」

RとTの素敵な笑顔に送られて、B高校を後にした次男と母ちゃんでした。

「今日の練習、楽しかったー。Rはやっぱりうまいよ。他の人と全然違うんだよ。トラップが」

次男は、今日の体験練習はとても楽しかった様子!

母ちゃんも、すごく幸せな気分。
だって、Rも、Tも、かっこいい青年になっていたんだもん。
おばさんと話してくれて、アリガト!

元チームの子と会っても、せつない気持ちになることが、最近多かったからネ。
今もサッカー続けているっていうのが、やっぱり、一番、うれしいんだよね。

カテゴリ別新着記事

ga
FC66


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク