コラム

サッカー母ちゃんの”まだまだ”ドタバタ日記「第23回 高校生でオスグッド?」

2013年09月12日

「林先生のとこ、予約入れて! オスグッドんとこ痛いんだよ」と長男。

なにィ~!?

林先生は、いつもお世話になっている整骨院の先生です。長男のサッカー関連のケガ一切を治してくれた先生。

「おかしいなぁ。オスグッドなんて、小学校のときにやって、治ったじゃん」

とにかく、先生のところへ出かけて行きました。

「ええ?オスグッド? オスグッドって普通、小学生がなるものなんだけど」

先生も首をひねります。

「あの~、でも、大学生も、『オスグッド痛え』なんて言ってる人いますけど…」

「いますよ。でも、それはずーっと治ってない人の場合ですね。君の場合は、えーと、昔治療して、治しているよね。だから、普通は再発しないはずなんだけど……」

「あ、そこです、そこが痛いです」

先生も、長男も、もう慣れたもの。問題のある部分をすぐに見つけ出し、先生が手技を施していきます。

「腿もパンパンだね。よっぽど無理した?」

「ああ、合宿でけっこう。毎日2試合、ギリギリの人数でエントリーしてたから交代なしでやってたし……疲れました」

母ちゃん、気になってたことを聞いてみます。

「あのう、オスグッドになるって、まだ成長途中だからですかね?」

「いや、そうじゃないですよ。今回はオスグッドというより、疲労でしょうね。超音波で見てもわかるんですけど、小学生とかのオスグッドの場合は、骨の上に成長軟骨の部分がぼわっとかぶさっているんですけど、今見ても、その部分がないので」

なんだァ、がっかり。

「筋肉が疲労して、硬く短くなると、膝の靭帯を引っ張って膝に痛みが出てしまうんですよ。ちゃんとアイシングしてる?」

「いつもは、家に帰って冷やしてるんですけど。合宿中だったんで」

「そうか。車のエンジンと同じで、熱くなったときにすぐ冷やさないと、オーバーヒートして、故障しちゃうんだよ。ホントは試合が終わったらすぐに冷やすのがいいんだけどね」

高校生の合宿では、なかなかそうはいかないよなぁ。

「あと、走り方。膝に負担のかかる走り方してると思うよ。ボールのそばにいる時は腰を低く落とした姿勢でもいいけど、長く走るときは、陸上選手みたいな姿勢で走って」

「陸上選手?」

「そう。体を起こして、姿勢をまっすぐに」

「ああ……。できるかなぁ」

「できなくても、心がけてみて。じゃないと、また同じ障害出ちゃうから」

無事、1回の治療で痛みをとってもらうことができました。

帰り道、

「陸上選手みたいに、って言ってもな~、それだと走りにくいよな」

「陸上選手っていうか、クリロナの走り方じゃない? ウン、変えたほうがいいよ、走り方。本田選手だって長友選手だって、大人になってから走り方変えてスピード上げてるんだからサ」

母ちゃんてば、言うは易し。

あれから、2週間、おかげさまで痛みは出ていません。
走り方が変化してるかどうかはわかりませんが……。

カテゴリ別新着記事

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク