コラム

指導者と子どもの気持ちがズレるとき その「想い」一方通行になっていませんか?【前編】

2013年12月17日

怒るのも、叱るのも、決して楽ではありません。子どもたちのことを想えばこその行為とも言えるでしょう。でも、それが独り相撲だとしたら……。子どもたちに何を伝えるべきか、改めて考えてみませんか?

文●奥田援史 イラスト●喜多浩太郎

※『ジュニアサッカーを応援しよう!Vol.10秋号』P68-71より転載


良いことばかりじゃない。でも続けているのは?

「何してる!」「一生懸命やっているか!」に始まり、「コラァ!」「バカッ!」という叱咤や罵声がグラウンドに響くことは少なくありません。そんな場面では、子どもばかりか指導者もイライラします。

 試合結果に満足いかなかったり、選手が指示通りプレーできなかったり、といろいろな状況や場面で、ついつい酷い言葉を子どもに浴びせることがあります。こんなことがあった後の指導者はひどく落ち込むものです。「二度とやらない」と反省するものです。そうは言っても、なかなか治りません。熱心にやればやるほど、本気になればなるほど、また同じことをくり返してしまいがちです。

 どうして、こうなるのかと考えてみると、私たち指導者には願いがあるからではないでしょうか。スポーツ活動を通して、「勝つうれしさを知ってほしい」「達成した喜びを味わってほしい」「何事にも積極的に行動できるようになってほしい」「友だちと協力できるようになってほしい」といった願いがあるのです。このような願いがあるからこそ、良いことばかりではない指導者という立場を続けることができます。指導者の願いは、指導を続ける力の源泉なのです。

 しかし、指導者の願いが必ずしも子どもに伝わっているとは限りません。ときには、指導者の独り相撲になっていることもあるかもしれません。こんなとき、指導者はどう対応すればいいのでしょうか。

P068-071_02

カテゴリ別新着記事

GA-300×80


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク