コラム

やら・り~の基礎サッカー講座 サッカーあそび⑦「サッカーゲートボール」

2013年12月18日

やら・りー流のサッカートレーニングを紹介していくこのコーナー。今回は「サッカーゲートボール」を紹介します。サッカーにゲートボールの要素を加えたトレーニングです。チーム内のコミュニ―ケーション能力を高めるのにも最適です。

協力●リーベルプントFC

サッカーゲートボール

■ルール
約10~15m四方のグリッド内に、コーンを2つならべてゲートを3つ(もしくは4つ)つくります。第1ゲート、第2ゲート、第3ゲートを決めて、中央に1つコーンを置きます。ゲームはチームを2つに分けて行い、各自ボールを持って順番交代でゲートの間をねらってボールを蹴っていきます。第1ゲートは必ず一発で通過させ、第2ゲート以降は刻んで通過させてもかまいません。ただし、グリッドの外にボールが出ると、スタート地点からやり直し。第3ゲートまでグリッドから出ずに通過すると、最後は中央のコーンにボールを狙います。そのコーンに、先にボールを当てたチームが勝利となります。

■ポイント
仲間同士で声を掛け合ってコミュニケーションをとることが大切です。また、どうすれば相手に勝利することができるのかを考えながらプレーすることも必要です。たとえば、グリッドの外にボールを出して、相手を侵害することもひとつ。遊びの中でも競い合わせながら、トレーニングしてみましょう。

プロフィール

屋良 充紀(やら みつとし)

現役時代はブラジル、エクアドル、コロンビアでプレー、横浜FC泉Jrユース監督やSFA(シリアサッカー協会)フットボールアカデミーヘッドコーチ。シリア代表コーチも歴任。シリア滞在時に作成したアラビア語でのサッカー指導指針はアラブ圏は、もちろんのこと海を越えてアフリカ・スーダンでも高い評価を得ている。また、横浜市でブラジルのストリートサッカーをヒントに遊び心をくすぐるサッカースクール、『エスコリーニャFC』の代表でもある。ケータイサイト、「教えて!? ジュニサカの疑問」でもアドバイザーを務める。

カテゴリ別新着記事

ga
FC66


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク