まみや食堂「旬の食材で子どもの“免疫力”を高める」&【おすすめレシピ】春キャベツとツナの和風パスタ

2014年02月14日

食育

和風パスタ02

旬の食材を食べることの重要性

旬の野菜は一般的に、寒さで甘味が増したり、太陽の光で色が濃くなったりと自然の力で成長します。暑さ寒さの中で力強く育った野菜にはビタミンやミネラルの栄養素が豊富である上、野菜本来の味を楽しむことができます。

 

 

子どもの味覚を育てること

春には筍ご飯を食べて、夏には冷やしトマトを食べて、冬には白菜鍋を食べるなど四季を通していろんな料理があるのは日本食の大きな特徴です。季節を感じられる料理は、家庭の味となって子どもたちの味覚を育みます。苦い、渋い、辛い、甘いを感じながら旬の食材を食べること、子どものときにいろんな味を知ることで大人になってからの偏食が減るとも言われています。

 

食べることで「免疫力」を高めよう

「免疫力」が低下することでいろいろな体調不良の症状が出ると言われています。骨折やねんざなどのように目に見えるケガとは違い、なんとなく体調が優れない、という場合が多いようです。季節の変わり目だから仕方がない、とあきらめずに食事でも改善できることを覚えておきましょう。

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク