コラム

まみや食堂「加工食品の落とし穴 成長を促す大事な栄養素「亜鉛」」&【おすすめレシピ】牛肉と小松菜とエリンギのオイスターソース炒め

2014年04月04日

牛肉と小松菜炒め_s

亜鉛は成長のカギとなる大切な栄養素

「亜鉛」は、あまり耳にしない栄養素かもしれませんが、成長を促すためにとても大切な栄養素です。通常の食事を食べていれば不足することがないと言われていますが、外食やインスタント食品が続いたり、食べる量よりも運動の量が上回ることが続いた場合、不足することがあります。

あまり注目されない栄養素だからこそ、不足していてもなかなか気がつかないもの。この栄養素が十分摂れているかどうかは骨に限らず、脳や神経、味覚などの発達にも大きく関係してきます。

加工食品の摂り過ぎに注意!

 亜鉛は加工することで失われやすい栄養素です。加工食品は材料がすでに加工されているものを使用し、さらに加工して長期間保存するための添加物が使われることがあります。加工が繰り返されることで食材に本来含まれている栄養素が少しずつ減っていきます。

 忙しくてコンビニ食やインスタント食品ばかり利用していると、知らない間に亜鉛不足になることがあります。手軽で購入しやすい加工食品ですが、手作り料理もプラスすることが大事です。

コンビニ食との上手なつき合い方

 でも、忙しいときはやっぱりコンビニも活用することがあると思います。コンビニ食が増えてしまったときは、できるだけ加工があまりされていない「そのまま食品」をプラスするようにしましょう。

 例えば、枝豆、納豆、冷奴、生野菜サラダなどはお弁当にプラスするときにおすすめですよ。

亜鉛を摂りたいときにおすすめの食材

 成長を促す栄養素として重要な亜鉛ですが、どんなものに含まれているのでしょうか? それは牡蠣に多く含まれています。牡蠣フライや牡蠣鍋もおすすめ。牡蠣から作られているオイスターソースを使用する方法もあります。炒めものに加えるとコクが出て本格中華の味になりますよ。

プロフィール

間宮 裕子(まみや・ゆうこ)

岐阜県多治見市出身、在住。本名、森裕子。 名古屋女子大学家政学部管理栄養士専攻卒。97年から02年まで名古屋グランパスに在籍。専門学校トライデントにて講師としても活躍。07年1月より再び名古屋グランパスで栄養アドバイザーとして所属している。 現在は自宅でスポーツ栄養勉強会や料理教室を開催する他、食育講演などの地域貢献活動にも積極的に取り組んでいる。著書に『小学生・中学生のためのジュニアサッカー食事バイブル』『小・中学生のためのジュニアサッカー お弁当バイブル』(ともにカンゼン刊)がある。公式ホームページはこちらhttp://syoku-de-smile.com/

近刊情報

『プロクラブを支える“食”ストーリー 名古屋グランパス 勝利の食堂』

Jリーグに栄養士がいなかった時代から、初の専属栄養士として名古屋グランパスを「食」で支えてきた間宮裕子氏が、サッカーファンや、食事にこだわる人たちの声に応える。ダイエット、貧血対策、ケガ予防、強い体づくりの秘訣が満載。スポーツを楽しんでいる人々、子を持つ親、スポーツ指導者、栄養士を目指している人に贈るグランパス流「勝ち食」ストーリー。

カテゴリ別新着記事

GA-300×80


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク