【第38回全日本少年サッカー大会】福岡県大会 決勝フォトレポート&結果 「強さの証明。圧倒的な攻撃力を見せたBUDDY FCが7年ぶり2度目の優勝」

2014年06月17日

強さの証明。圧倒的な攻撃力を見せたBUDDY FCが7年ぶり2度目の優勝

2014全少福岡003

(文・写真●中倉一志)

JA全農チビリンピック2014準優勝の実績を持つBUDDY FCの強さは本物だった。1回戦から準決勝まで5試合を41得点1失点と圧倒的な攻撃力を見せつけて勝ち上がると、決勝戦でも舞の里FCを7-0で破って7年ぶり2度目の優勝を飾った。

立ち上がりは互角の展開。舞の里FCは立ち上がりの2分にクリアボールが相手にぶつかってゴールに転がり込むという不運な失点を喫したが、ひと回り大きなBUDDY FCに対し、高いテクニックとスピードを持つ橋岡尚くん、橋岡拓くんを中心にゴールに迫る。

一方のBUDDY FCはピッチをワイドに使い、ボールを動かしながらチーム全体でボールを運ぶ。両チームの特長が正面からぶつかり合った。そんな試合を動かしたのはBUDDY FC。前半の12分、右サイドを駆け上がった日下部優哉くんのクロスボールを、中央へ走り込んだ佐藤聡史くんが豪快に頭で合わせた。

ここからはBUDDY FCのゴールラッシュ。前半を3-0で折り返すと、後半も4点を追加。ハードワークで対抗する舞の里FCを力で押し切っての優勝だった。BUDDY FCの全国大会での目標は、もちろん優勝。キャプテンの長濱昇太朗くんは「決勝でレジスタを破ってチビリンのリベンジをしたい」とコメントした。

■BUDDY FC 鶴丸聡一郎監督のコメント
これまで何度も決勝へ行きながら、2度目の全国大会に出られかった悔しさを出せた大会でした。トレセンのメンバーがいるわけではありませんが、全員でチームを作ろうと取り組んできました。例年に比べて練習試合を半分以下に減らし、トレーニングを重視して「止めて蹴る」ということを徹底して繰り返してきたことが、結果に結びついたのかなと思っています。苦しかった長い時期も含めて、全国大会を楽しめたらなと思っています。

カテゴリ別新着記事

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク