コラム

動画で見れる!やら・り~の基礎サッカー講座 ボールフィーリング基礎編 「腕通しロール」

2014年10月01日

やら・りー流のサッカートレーニングを紹介していくこのコーナー。毎回、ボールに触れる感覚を身につけていくボールフィーリングメニューを紹介しています。今回は腕から首の後ろを通してボールを流していく「腕通しロール」の技を紹介します。

141001屋良さん連載001

■進め方
まずは自分の手にボールを持って、ボールを一度浮かせて、そのボールを右腕から首の後ろ、左腕へと通していきます。ボールが流れるように運びます。慣れてくれば、足元でのリフティングと組み合わせて行ってみましょう。

■ポイント
試合で使えば、もちろん「ハンド!」と言われてしまう技なので、使うのは練習だけにしましょう。大事なことは、ボールに触れ合いながら楽しむことであって、そういったことを子どもたちに伝えてもらいたいです。コツとしては、体を回転させるようにボールを流せれば、うまくいくと思います。新体操でボールを扱っているのと同じようなイメージで行えるようにしましょう。

プロフィール

屋良 充紀(やら みつとし)

現役時代はブラジル、エクアドル、コロンビアでプレー、横浜FC泉Jrユース監督やSFA(シリアサッカー協会)フットボールアカデミーヘッドコーチ。シリア代表コーチも歴任。シリア滞在時に作成したアラビア語でのサッカー指導指針はアラブ圏は、もちろんのこと海を越えてアフリカ・スーダンでも高い評価を得ている。また、横浜市でブラジルのストリートサッカーをヒントに遊び心をくすぐるサッカースクール、『エスコリーニャFC』の代表でもある。ケータイサイト、「教えて!? ジュニサカの疑問」でもアドバイザーを務める。

VOL44

カテゴリ別新着記事

GA-300×80


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク