ニュース

『サッカー 新しい守備の教科書 優れた戦術は攻撃を無力化させる』本日発売!

2016年07月26日

FCバルセロナ、スペイン代表のサッカーといえば細かくパスをつなぐサッカーが象徴的かもしれません。しかし、スペインの育成現場では、攻撃戦術と同等、もしくはそれ以上に守備戦術が重要視されています。本日発売の『サッカー 新しい守備の教科書 優れた戦術は攻撃を無力化させる』では、現地・スペインで指導者として活躍している坪井健太郎氏が解説しています。

※ご購入はジュニサカオンラインショップまで


あなたはサッカーの「攻撃」ばかり見ていないか?
攻撃戦術の裏には必ず「守備戦術」の進化があった!
絶対に読む価値のあるサッカーの守備学。
日本サッカーに必要なのは、決定力でも司令塔でもない!
必要なのは守備戦術の進化だ!

【もくじ】
■Chapter1 サッカーにおける守備とは?
・FCバルセロナ、スペイン代表がもたらした功績は攻撃だけではない
・改めて考える守備の重要性
・育成年代にも落とし込まれるチームの守備戦術
・分析には2種類ある
・日本人選手がスペインで評価されにくい原因
・試合のインテンシティ(強度)は守備が決める?

■Chapter2 守備のテオリア(理論)
・4つの局面の中で何か起こっているのか?
・復活してきた3バック(5バック)
・ラインの押し上げとスペースの縮小を図る
・2トップ型と1トップ型の違い
・分析が難しくなってきている4つの局面
・選手個々が行う守備の判断

守備の戦術コンセプト
1失ったボールへのプレス
2守備組織の再構築のための後退
3組織的プレッシング
4カバーリング
5ペルムータ
6スライド
7ビヒランシア(守備の警戒)
8スペースの縮小
9マーク
10予測・インターセプト

■Chapter3 守備のプレーモデルを知る
・アトレチコ・マドリーの守備のプレーモデル
・FCバルセロナとバイエルンの守備におけるプレーモデルの違い
・「バランス重視」のFCバルセロナの守備
・マンツーマンを取り入れた守備のプレーモデル
・ビルバオとセルタのマンマーク守備の違い
・“ドン引き”の守備は確実に減っている
・「サッカー史上最大のジャイキリ」レスター・シティの守備

■Chapter4 守備のトレーニングメソッド
・サッカーの樹形図を作る
・育成年代での守備の指導について
・待つ守備がいいのか、取りに行く守備がいいのか

■Chapter5 守備の進化から予測するサッカー戦術の未来
・スペイン人監督のレベルが高い理由
・化学反応を起こして進化するプレーモデル
・ドリル・トレーニングの意味
・サッカーがうまくなるとはどういうこと?
・サッカーにおける特殊性と一般性
・著しい進化が待つ未来に向けて指導者に今問われていること


表紙最終版
【商品名】サッカー 新しい守備の教科書 優れた戦術は攻撃を無力化させる
【発行】株式会社カンゼン
価格:1,728円(税込)
A5判/288ページ
2016年7月26日発売

⇒FCバルセロナ、スペイン代表がもたらした功績は攻撃だけではない。改めて考える守備の重要性


ご予約はジュニサカオンラインショップまで

 

>>ジュニサカ公式facebookはこちら
>>ジュニサカ公式Twitterはこちら
>>ジュニサカオンラインショップはこちら

 

VOL44

カテゴリ別新着記事

GA-300×80
arsenalsoccerschool


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

人気記事ランキング

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク