コラム

勝てばW杯出場。負ければチーム解散。U-16日本代表の大一番、対UAE戦のポイントは?

2016年09月25日

いよいよU-16日本代表が今日UAE戦を迎える(23時30分キックオフ)。この試合に勝てばU-17W杯出場権を得ることができる。大一番となる一戦の注目ポイントはどこなのか?

(文・写真●元川悦子 写真●佐藤博之)

u-16japan


大一番UAE戦、果たして先発予想は?

 93年日本、95年エクアドル、2001年トリニダード・トバゴ、2007年韓国、2009年ナイジェリア、2011年メキシコ、2013年UAEと過去6回のU-17W杯に出場してきた日本。しかし、前回の2015年チリ大会はアジア最終予選敗退を余儀なくされ、森山佳郎監督率いるU-16日本代表は再び世界切符を手にするためにここまで1年半、努力を続けてきた。その集大成となるのが、25日のAFC・U-16選手権準々決勝・UAE戦(インド・ゴア)だ。

「(2018年ロシアW杯アジア最終予選初戦に負けた)A代表のリベンジとか、いろんなことを背負ってやるより、とにかく選手たちには『ピッチで暴れて来い』と。消極的になって負けたら、そんな後悔はない」と前日会見に臨んだ指揮官も神妙な面持ちで語っていたが、今はチームとして持てる力を全て出し切るしかないだろう。

 重圧のかかる大一番を翌日に控えた23人の選手たちは24日、夕方16時過ぎからインドリーグのチャーチル・ブラザーズなどが使用しているティラク・マイダン・スタジアムで最終調整を実施した。時折、豪雨に見舞われる中、負傷で別メニューの続く小林友希(神戸U-18)を除く全員が1時間半弱の熱のこもったトレーニングを消化した。

 注目の戦術確認では、主力組と見られる側に、GK谷晃生(G大阪ユース)、DF(右から)喜田陽(C大阪U-18)、菅原由勢(名古屋ユース)、瀬古歩夢(C大阪U-18)、菊地健太(JFAアカデミー福島)、ボランチ・平川怜(FC東京U-18)、福岡慎平(京都U-18)、右MF久保建英(FC東京U-18)、左MF中村敬斗(三菱養和)、2トップ・宮代大聖(川崎U-18)、棚橋尭士(横浜ユース)というイレブンが陣取った。

カテゴリ別新着記事

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク