コラム

8年間でオスグッド患者ゼロ!! 子どもの心身のケアを徹底するT・フジタ枚方の取り組み

2016年10月19日

サッカーのみならず、スポーツに取り組むうえでケガは避けては通れないものです。その問題を、とある取り組みから、限りなく減少させているサッカークラブがあります。それが大阪府のT・フジタ枚方です。スタッフの永山宜真氏に話を伺いました。

文・写真・動画撮影●吉村憲文


nagayama

成長期の選手を悩ませる問題

「なっちゃたものは仕方がないから、整形外科でしっかり診てもらえ」
「みんな通る道。高校に入る頃には自然となくなるから、それまではだましだましでやるしかない」

 こんなことをいわれた人は多いのではないだろうか?

 サッカーをしている多くのジュニア選手にとって、避けては通れない問題、オスグッドである。主に10歳から15歳くらいまでの育ち盛りの子供に多いことから、別名『成長痛』ともいわれる。

 日本整形外科科学学会のHPには 「脛骨結節(お皿の下の骨)が徐々に突出してきて、痛がります。時には、赤く腫れたり、熱を持ったりします。休んでいると痛みが無くなりますが、スポーツを始めると痛みが再発します。発育期のスポーツ少年に起こりやすいのが特徴です」と書かれている。※日本整形外科科学学会HPより引用

 原因は太腿の筋肉である大腿四頭筋が、膝の曲げ伸ばしにより、脛骨との接点にあたる膝蓋腱(しつがいけん)を引っ張り、過度の負荷により成長軟骨が剥離してしまうことによる。剥離しない場合でも炎症を起こし、痛みを伴う。一般的には避けては通れないというイメージがあり、そのため対処療法で痛みを抑えてプレーを続ける場合も多い。ただし休んで痛みがなくなったと思っても、再び痛みがぶり返すことが多いのも特徴だ。

カテゴリ別新着記事

GA-300×80
arsenalsoccerschool


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク