ESTRELLAS.FCがPK戦を制し福島県大会連覇達成!スコアレスでも選手を信じた指揮官/第40回全日本少年サッカー大会 福島県大会

2016年11月21日

ESTRELLAS.FCが福島県大会連覇達成

006
(文・写真●小林健志)

 11月20日(日)、福島県郡山市の郡山市西部サッカー場にて「第40回全日本少年サッカー大会福島県大会」の決勝が行われた。19日(土)の準々決勝、準決勝を制して勝ち上がったのは、昨年初優勝した郡山市のESTRELLAS.FC A(以下、エストレージャス)、といわき市の勿来・フォーウィンズ1st(以下、フォーウィンズ)となった。

 2年連続2回目の優勝を目指すエストレージャスは準々決勝で中央ドリマJSCに6-1、準決勝で鏡石フットボールクラブ少年団に4-0といずれも大差で勝利。一方、10年ぶり2回目の優勝を目指すフォーウィンズは準々決勝でジェイム福島FCジュニアに3-1、準決勝で植田サッカースポーツ少年団に2-0で勝利し、決勝進出を果たした。

 試合は前半からエストレージャスが高い攻撃力を武器にフォーウィンズ陣内で多くの決定機を作り、DF10番・梅津龍之介くん、MF11番・熊田直紀くん、FW13番・矢田部創生くんが果敢にシュートを放つ。

 一方、フォーウィンズは3バックの中央を固めるDF10番・戸崎良有子さんや、GK1番・飯塚洸之介くんが体を張った守りを見せ、ゴールを許さない。攻撃では、相手守備陣の背後にスピードのあるFW4番・馬目隼乃介くんを走らせチャンスを作ったが、エストレージャスGK1番・藤田天聖くんの好セーブもあり、ゴールを奪えなかった。

 前後半・延長を終えてもゴールが生まれず、勝負はPK戦へ。6人目まで両チーム共全員が成功したが、フォーウィンズ7人目が左ゴールポストに当ててゴールならず。エストレージャスは7人目DF7番・吉田奏那人くんがきっちり決めて見事に福島県大会連覇を達成した。

 エストレージャスは攻めながらもゴールが奪えなかったが、「昨年は絶対に優勝したくて、立って指示を出していましたが、(今年は)何か問題が起きた時だけ解決しようとずっと座っていました。やり方はもう染みついているので、ここで多くのことを言わないようにしたかったのです」と倉澤飛輝監督は座ってじっくり戦況を見つめ続けていた理由を明かしてくれた。

 昨年よりも選手層が厚く「ここ(福島県大会優勝)を目標にしたくなかったので、敢えて目標設定もしなかった」と言えるほど選手たちの力を信じていたからこそ、焦れやすい展開でもじっくり構えられたのだ。

 全国大会に向けては「目標設定は子どもたちとみんなでしようと思います」としながら「僕自身は福島県代表として全国ベスト4くらい目指したいです」と大きな夢を語る倉澤監督。「昨年はやり切っての優勝ですが、今年はまだ余力があります」全国大会での初の一勝、そしてさらに上を目指す。

■ESTRELLAS.FC A キャプテン・藤田天聖くんのコメント
仲間のみんながよくやってくれたと思います。前の選手が絶対決めてくれると思ってプレーしていました。相手の4番のFWが右利きだったので、利き足のコースを切るようにDFに行ってもらい、カバーしてもらって頼もしかったです。PK戦も絶対止めようという気持ちでやりました。全国大会は2トップで攻めていけば点が取れると思うので、各試合で1点は取ってもらいたいです。そして失点ゼロに抑えて絶対に勝ちたいと思います。

■ESTRELLAS.FC A 矢田部創生くんのコメント
決勝は自分でゴール前まで持ち込める場面で、しっかり持ち込めなかったので、そこを反省しています。全国大会に行きたいので、自分でも仲間でも良いので1点でもゴールを決めたいと思い、プレーしていました。DFもしっかり失点せずに守ってくれたので良かったです。PK戦は絶対に決めようと思って蹴りました。全国大会では勝つ試合を作って自分もゴールやアシストという形で活躍したいです。練習から正確なシュートやパスを心掛けたいです。

カテゴリ別新着記事

GA-300×80



school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

人気記事ランキング

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク