FC Re:Starが圧巻のゴールラッシュ!! 全国大会への挑戦権を得る/第40回全日本少年サッカー大会 岐阜県大会

2016年11月22日

FC Re:Starが念願の全国大会初出場を決める

hyosho002
(文・写真●馬渕章)

 11月20日(日)、岐阜県・中津川公園陸上競技場にて「第40回全日本少年サッカー大会 岐阜県大会」の決勝戦が行われ、FC Re:star(以下、レスター)がゴールラッシュを見せてアウトラインFC(以下、アウトライン)を下し、全国大会初出場を決めた。

 昨年度大会は決勝で敗退。今年こそは勝って全国大会へ行きたいレスターと、準決勝で昨年の代表チーム・FC ENFINIに勝利したアウトラインの決勝戦。

 試合の先手を取ったのはレスター。試合開始早々の2分のこと、左サイドからのボールを受けた4番・稲川暖大くんのシュートがゴールネットを揺らす。レスター・伊藤大輔監督の「最初からいこう!」の言葉通りの先制ゴールをあげ、攻勢を強める。

 両サイドを使った攻撃でアウトラインのゴールマウスを脅かすと、前半5分には9番・高橋希来くんが追加点、さらに前半終了間際に10番・牧嶋波亜斗くんがゴールをあげ、3点差をつけて前半を折り返した。

 後半、反撃に出たいアウトラインだったが、後半8分に試合を決めるゴールを奪ったのはレスターの10番・牧嶋くんだった。その直後にアウトラインは11番・福井太河くんが1点を返すが反撃もここまで。結局その後、14番・高橋祥吾くんによるゴールで5得点をあげたレスターが、クラブ初となる全国大会への切符を手にした。

■FC Re:Star キャプテン・日比輝星くんのコメント
決勝戦の相手チーム(アウトライン FC)トップの選手が大きいので、競り負けないよう「前向きに攻めていこう」と決めていました。今日の試合を振り返ると自分自身はあまり活躍できなかったので、全国大会では活躍できるよう練習をがんばりたいです。

■FC Re:Star 10番・牧嶋波亜斗くんのコメント
決勝戦の相手(アウトライン FC)は強いチームだけど、全国大会出場がかかっていて、また今日誕生日を迎えるチームメイトがいたので、「なんとしても勝とう!」という気持ちで望みました。得点をあげることができ、チームも勝てて良かったです。

VOL44

カテゴリ別新着記事

GA-300×80


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク