ヴァンフォーレ甲府U-12が好敵手・Uスポーツから王座奪還。2年ぶり3回目の山梨県代表に/第40回全日本少年サッカー大会 山梨県大会

2016年11月28日

ヴァンフォーレ甲府U-12、ライバルから山梨県代表の座を奪還

007
(文・写真●山本浩之)

 11月26日(土)、韮崎中央公園陸上競技場にて「第40回全日本少年サッカー大会 山梨県大会」の決勝があり、ヴァンフォーレ甲府U-12(以下、ヴァンフォーレ)がUスポーツクラブ(以下、Uスポーツ)を4-1で破り、優勝を飾った。

 昨年度大会は準決勝で敗退したヴァンフォーレ。それまでの4年間は山梨県大会の決勝といえば、ヴァンフォーレとUスポーツが顔を合わせていた。ライバルの関係にある両チーム。ヴァンフォーレの西川陽介監督はこう話す。

「決勝でUスポーツと対戦するのは特別な気持ちがありますね。むこうもいい選手をたくさん育成していてお互いに切磋琢磨している関係です。そういう意味では、ここで対戦できるのは幸せなことで、こういう舞台で成長するきっかけをたくさんもらっているというのはすごい感じています。僕らは、彼らに強くしてもらっている。彼らの存在は大きいですね」

 2年ぶりとなったUスポーツとの決勝での対戦。序盤はUスポーツが前がかりになってゴールを目指していく。ヴァンフォーレの選手たちに固さがみえると、すかさず「力を抜いて、リラックスしよう!」とベンチから声が飛んだ。そのときのことを西川監督は「勝ちたい気持ちが強くて、相当固くなっていたと思いますね」と振り返る。

 しかし、その危なかった立ち上がりを乗り越えたヴァンフォーレ。今年度のダノンネーションズカップ・世界大会に出場し、各国の強豪チームと対戦することで経験値を高めてきたメンバーたちだけあって、決めるところはしたたかに決めた。

 ヴァンフォーレは、前半も19分になったところ、カウンターから9番・内藤大和くんがゴールネットを揺らし先制に成功。後半になると、開始1分に、その内藤くんがヘディングでシュートを決めて2-0にすると、今度は右サイドからのボールに、ゴール前に詰めていた10番・渡邉春翔くんが混戦を制して3-0と点差を広げた。この後は、しばらくUスポーツにペースを掴まれ、13分には、Uスポーツの7番・川村舞弥くんにフリーキックを直接決められて1点を返されてしまうが、その3分後には、内藤くんが相手ディフェンダーの動きを冷静にみてかわすとシュートを放ち、ハットトリックを達成。4-1とし、追いすがるUスポーツを振り切って、ヴァンフォーレが優勝を決めた。

 試合後、内藤くんは「僕はフォワードとして、どこでもゴールを狙っていくことを意識してプレーしています。決勝を自己採点すると60点です。最初にリズムが悪くなっていたところでボールを引き出すことができなかったこと、(FWは)相手のうしろの選手のマークやチェックをしっかりやらないといけないと思ったので40点を減点しました」とコメントしてくれた。

 ヴァンフォーレのキャプテンを務める3番・志村ぼんくんも「後半は良かったです。後半は自分たちのボールにすることができて、しっかりシュートまで持っていくことができました。でも、前半は相手のプレッシャーに負けてしまい慌てる部分がありました。切り替えが遅くてセカンドボールも拾えなくて、相手ボールになって攻められてしまいました」と振り返った。

 4-1という結果だけをみると快勝だが、ヴァンフォーレの選手たちは、しっかりと自分たちの課題をゲームから抽出。目標であるプロサッカー選手を目指して、全国大会出場という結果にも浮かれてばかりいることはなく、貪欲に吸収する姿勢を見せていた。

■ヴァンフォーレ甲府U-12 キャプテン・ 志村ぼんくんのコメント
Uスポにはライバルとして負けたくないという気持ちがあります。去年の全日本少年サッカー大会はUスポが山梨の代表でした。その前の優勝はヴァンフォーレだったので、自分たちが「王座奪還をしよう!」と言っていたので勝ててうれしかったです。全国大会はとても厳しいゲームになると思います。そこを自分たちで乗り越えて優勝することで、目標としているプロサッカー選手への道が一歩でも開ければいいと思います。そのプロ選手になるためにはサッカーだけやっていればいいわけではなくて、学校生活や私生活も大事だと思っています。普段から言葉使いなども含めて気をつけるように行動しています。

カテゴリ別新着記事

GA-300×80



school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

人気記事ランキング

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク