【第40回全日本少年サッカー大会】全国8832チームの頂点の決める戦い。「強い相手にこそ燃える」ディアブロッサ高田FCの奮闘/ジュニサカ取材日記

2016年12月28日

臆することなく戦い続けたディアブロッサ高田FC

(文・写真●Noriko Nagano)

 全国8832チームの頂点に立つのはどのチームか。

 まずその頂点を決める舞台に立つべく、大会3日目となる今日は、午前から鴨池補助競技場で準々決勝、午後には鴨池陸上競技場で準決勝が行われました。

 準々決勝では、奈良県代表・ディアブロッサ高田FC(以下、ディアブロッサ)が前回大会準優勝の茨城県代表・鹿島アントラーズ(以下、アントラーズ)に挑みました。ディアブロッサは、1次ラウンドで2勝1負で2位でしたが、ワイルドカード4番目のチームとしてベスト16に滑り込んだチーム。

 試合前に川上弘仁監督に「この舞台で緊張もあると思うけど、それもいい経験だから楽しめ。これを経験できるチームは、全国で8チームしかないんだから、思いっきりやって来い」と送り出された選手たちは、アントラーズ相手にも臆することなく試合に入り、開始5分に前線の11番・野田徹生くんが狙い通りにゴールを決めて先制。「仲間のいいパスが来たから決め切りたかった。大事に決め切った」と野田くん。

 さらにその5分後には、前試合でも得点を決めている17番・鈴木大翔くんが、「野田くんに『落として』と言ったら、いい感じに落としてくれて、巻く感じに下を狙って蹴ったらうまくいった」と語る通り、見事なコンビネーションで追加点を決め、2点のリードを奪いました。

 この2失点でギアが入ったアントラーズは16分に1点を返すと、後半開始から7分後に3番・小棚木蒼大選手のゴールで追いつきます。これで試合の流れがアントラーズに傾くかと思われた31分、追加点を決めたのはディアブロッサだった。17番・鈴木くんが相手の隙を狙った勝ち越し弾を決め、3-2でアントラーズを撃破。

 昨年以上の成績を狙っていたアントラーズの選手たちは、終了のホイッスルが鳴るとピッチに倒れ込み、なかなか立ち上がることができませんでした。アントラーズの小谷野稔弘監督は、「選手たちはこの大会で勝負の厳しさや1点の重みを感じてくれたと思う。昨日はいい内容で勝てただけに、決勝まで行かせてあげたかった。これをきっかけに次のステージでも頑張って欲しい」と会場を後にしました。

1228nikki001

【次ページ】つづく準決勝

カテゴリ別新着記事

ga
FC66


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク