【第40回全日本少年サッカー大会】流した涙の分だけ強くなれる。「サッカー人生はまだまだこれから」/ジュニサカ取材日記

2016年12月30日

決勝まで勝ち進んだチームにのみ与えられる5日目の舞台で

(文・写真●Noriko Nagano)

 大会最終日。舞台は鹿児島県鴨池陸上競技場。2021人の観客が、ダイナミックな桜島を望む決勝のピッチに熱い視線を送りました。

1230marinos001

 決勝まで勝ち進んだチームにのみ与えられる5日目の舞台。決勝のカードは、横浜F・マリノス(以下、マリノス)対センアーノ神戸(以下、センアーノ)。序盤からセンアーノがゴールを脅かします。
 
 スコアが動いたのは13分、センアーノのキーマン・6番の小幡季生くんが、キレのある動きで仕掛けると、エリア内で倒されPKを獲得。これを「PKの時は自分が蹴ることが多い」というキャプテン・和田健士朗くんが、「決勝の舞台で緊張はしていたが、いつも蹴ってるほうに蹴ろうと決めたら落ち着いて決められた」と、大事な先制点を挙げました。

1230marinos002

 そのわずか2分後、9番・清水楓之介くんがこぼれ球をヘディングで外に持ち出すと、ドリブルで中へ切り込んでミドルシュートを突き刺し、追加点を奪って前半を折り返します。

VOL44

カテゴリ別新着記事

GA-300×80
arsenalsoccerschool


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

人気記事ランキング

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク