ニュース

青森山田、悲願の選手権初優勝まであと1勝。東海大仰星下し7年ぶり決勝へ

2017年01月07日

aomoriyamada
(写真●熱中!高校サッカー)

 7日、第95回全国高校サッカー選手権の準決勝が埼玉スタジアム2002で開催された。

 12時05分キックオフの第1試合で激突したのは、大阪府代表の東海大仰星と青森県代表の青森山田。東海大仰星は準々決勝で前回王者・東福岡を下して初の4強へ勝ち上がってきた。2年連続の準決勝進出を果たした青森山田も悲願の初優勝を狙う。

 前半23分、先に試合を動かすことに成功したのは青森山田。サイドバックの三国スティビアエブスが左サイドから持ち上がり、切り返してクロスを上げるかと思われたがそのまま右足でシュート。綺麗な弧を描いたシュートがゴール右隅に収まり先制点を奪った。

 だが東海大仰星もそのわずか3分後に試合を振り出しに戻す。大崎航詩が左サイドから上げたクロスにキャプテン・松井修二がダイレクトで合わせ、FC東京入りが内定しているGK廣末陸を破った。

 41分には青森山田が勝ち越しのゴール。チームの強力な武器となっているロングスローがまたしても得点を生んだ。郷家友太のスローから、こぼれ球を狙った小山新のシュートはセーブされたが、最後は高橋壱晟が蹴り込んだ。高橋はチームメートの鳴海彰人に並んで得点ランク首位に立つ今大会4点目。

 後半も何度か両チームがゴール前に迫る形を生み出したが、GKの好守もあってゴールならず。86分に東海大仰星が迎えた決定機の場面でも大崎のシュートはクロスバーの上を越え、そのまま2-1で試合を終えた青森山田が7年ぶりの決勝進出を決めた。

 14時20分から行われる準決勝第2試合では群馬県代表の前橋育英と栃木県代表の佐野日大が対戦。勝者が9日の決勝で青森山田と優勝を争う。

【得点者】
23分 0-1 三国スティビアエブス(青森山田)
26分 1-1 松井修二(東海大仰星)
41分 1-2 高橋壱晟(青森山田)

<関連リンク>
フットボールチャンネル

 
ジュニアサッカーニュース一覧はこちらから

 

>>ジュニサカ公式facebookはこちら
>>ジュニサカ公式Twitterはこちら
>>ジュニサカ公式Instagramはこちら
>>ジュニサカオンラインショップはこちら

 

カテゴリ別新着記事

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!
ga

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク