ニュース

前橋育英が佐野日大との”北関東対決”を制す。5試合無失点で決勝進出

2017年01月07日

maebashikuei
【決勝点を記録した高沢颯。(写真●熱中!高校サッカー)】

 7日、第95回全国高校サッカー選手権の準決勝が埼玉スタジアム2002で開催された。

 14時20分キックオフの準決勝第2試合は、群馬県代表の前橋育英と栃木県代表の佐野日大による隣県同士の”北関東対決”となった。2年ぶり4強進出の前橋育英、初めて準決勝へ進んだ佐野日大ともに初優勝を目指しての戦いとなる。

 前半半ばを過ぎたあたりから試合は動きを増し、両チームにチャンスが相次ぐ。26分には前橋育英のMF高沢颯のシュートがわずかにゴール右へ。佐野日大もその3分後、長崎達也の強烈なシュートが枠を捉えたがGK月田啓が見事なセーブで阻んだ。

 その直後の30分、先制点を奪ったのは前橋育英。後方からのロングボールを受けて左サイドに抜け出した飯島陸がマイナスのパスを折り返し、最後は高沢が見事にシュートを突き刺して1-0とした。

 後半も試合を優位に進めた前橋育英は、人見大地や交代出場の田部井悠などが決定的なシュートで追加点をうかがう。守備面でも佐野日大に反撃を許さず、1回戦から5試合連続の無失点で試合を締めくくった。

 前橋育英は、決勝で星稜に敗れた第93回大会以来2大会ぶりの決勝進出。青森山田と激突する9日の決勝は、どちらが勝っても大会初制覇となる。

【得点者】
30分 1-0 高沢颯(前橋育英)

<関連リンク>
フットボールチャンネル

 
ジュニアサッカーニュース一覧はこちらから

 

>>ジュニサカ公式facebookはこちら
>>ジュニサカ公式Twitterはこちら
>>ジュニサカ公式Instagramはこちら
>>ジュニサカオンラインショップはこちら

 

VOL44

カテゴリ別新着記事

GA-300×80
arsenalsoccerschool


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

人気記事ランキング

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク