コラム

プロGKコーチ ジョアン・ミレッ氏が教える、GKの正しい基礎技術

2017年01月12日

現在、湘南ベルマーレの『アカデミーGKプロジェクト』のリーダーを務めるジョアン・ミレッ氏。母国スペインでは、世界で活躍できるようなGKを数多く育て、日本でもその手腕を振るっている。前回は「指導者なら知っておきたい『GK指導』のいろは」紹介したが、今回はジョアン氏が唱えるGKの基礎を紹介する。

(構成●木之下潤 写真●ジュニサカ編集部)

『ジュニアサッカーを応援しよう!Vol.41』より転載



■GKの正しい立ち方


joan001
▼足幅と肩幅を平行にして、かかとを気持ち上げて立つ。理由は移動時に素早く効果的に動けるから。この姿勢が最も効率がいい。


■GKの誤った立ち方


joan002
▼足幅を広げすぎるのもダメ。自分で試してみるとわかるが、一歩目が小さく体のパワーが足に乗らないためスピードも出ない。

joan003
▼手の位置は太ももの前あたり。ボールまでの最短距離を保てないから、手を後ろに下げたり、横に広げたりするのは絶対NG!

【次ページ】正しいキャッチング

カテゴリ別新着記事

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク